弁護士中山の「私の一冊」

宇宙の彼方と通信するにはどれくらい時間がかかるのでしょうか・・・ (2019.12.03)

劉慈欣(りゅう じきん) 「三体」 早川書房

素朴な質問ですが、宇宙について考えたことってありますよね。
異星人って本当にいると思いますか。
現実にも世界的に、異星人発見のための調査が行われていますが、どのような方法が採られているかご存じですか。

これまでのところ、公式には異星人の存在の発見には至ってはいませんが、仮に異星人がいたとしても、太陽系宇宙の考えられる限り知られているところには異星人は存在しないということを前提とすれば、めちゃくちゃ遠いところにいるということになります。
だとしたら、彼らとの交信は、現在の通信技術を前提として交信時間は片道でどれくらいかかるのだろうとか、壮大な空想にふけったことはありませんか。

この作品の作者は中国人ですが、実は中国で単行本として出版されたのは10年以上前の2008年です。
この作品「三体」に続き、「暗黒森林」「死神永生」の三部作となり完結していますが、その初作となります。
本書は中国で大ヒットして、2014年に英訳され、やはり大ヒット。2015年にはアジア人作家として初めてヒューゴー賞の長編小説部門を受賞しています。ヒューゴー賞とは1953年にアメリカで設立されたもっとも歴史あるSFファンタジー文学賞です。

そして、英文として出版されたものと中国語の原文とを参照しながら和訳されて、ようやく日本で発刊されたのが2019年7月ということなのです。
日本でも発売されてすぐに10万部、全世界19カ国語で発刊され既に2000万部以上が売れているといいます。

作者の劉さんは文化大革命の時代に少年時代を過ごし、電気もない村で貧困の中で暮らし、空に天の川や人工衛星を見上げて育ったといいます。大学卒業後、発電所にコンピューター技師として勤務しながら本作品を執筆しました。本作品により「小さな人間と大きな宇宙との関係を描こうと努力したということです」。

ところで、本作品のアイディアは、物理学の三体問題から来ているとのことです。ちょっと難しいですが、宇宙に存する3つの天体には全て質量があり、互いに重力を及ぼすと物体の動きは予測できないというのが三体問題。ではこの3つの物体が3つの恒星だった場合、そのもとで生じた文明はいかなるものになるか。これが本作品のもとになった着想なんだそうです。
と、なんだか訳がわかりませんが、読んでみるとなるほどと思ったりもします。何でもニュートンにより既に二体問題は解析されているけれど、現在までに三体問題については証明はされておらず、あらゆる説が混在している状態だそうです。

さて作品紹介です。
物理学者の父を中国文化大革命で惨殺され、絶望した女性天体物理学者イエ・ウェンジェは失意の日を過ごしていました。そんなある日、中国共産党の命を受けて巨大なパラボラアンテナを備える秘密軍事施設で働かされることになります。この施設こそは中国が異星人を探すために作られた極秘基地だったのです。ここでは日夜を徹して人類の運命を左右するかも知れないプロジェクトが極秘裏に進行していたのでした。

それから、40数年後、ナノテク素材の研究者ワン・ミャオはある会議に招聘され、そこで世界的な科学者が次々に謎の自殺を遂げている事実を告げられます。自殺を遂げた科学者は皆、学術団体科学フロンティアという組織に属していました。
ワンは、自殺の理由を究明するため、その組織へ潜入することになります。その潜入した彼に科学的にあり得ない怪現象がおそいます。彼の視界だけに現れる謎のカウントダウンの数字なのです。カウントダウンがゼロになったとき果たして何が起こるのか。残り時間はそう長くありません。

一方で、エリート科学者たちが夢中になっているその名も「三体」というゴーグルをと専用のスーツをつけてプレイするバーチャルリアリティタイプのゲームがありました。
自殺者の一人がこのゲームに熱中していたことから、ワンもこれを体験してみることにします。このゲームは地球とは全く環境が異なり、3つの太陽を持つ異星が舞台となっていました。そこでは異星内での文明の発生と滅亡をシュミレーションしながら、過去の文明滅亡という失敗事例をもとに文明が滅亡しないためにはどうすればいいのか科学的に考察させるというものでした。  このゲームはその内容からしてソフトの作成には莫大な経費がかかっていることを容易に推測させるもので、いったい誰が何のために作ったものなのか謎は深まります。
ゲームの中の世界の異星は高度の科学技術を擁するものの、太陽が三つもあるという極めて不安定な星でした。三つの太陽は昇りっぱなしであったり、全く昇らずに暗黒の日々が続くこともありました。そんな異星が1つの太陽の下に安定した環境下にある地球という惑星の存在を知ったらどうするでしょうか。

やがて、科学者たちがどうして自殺をするに至ったのかが明らかになります。
・・・という感じで当初謎に包まれていたストーリーは次第にベールがはがれていきますが、いかがでしょうか。
作品は壮大なSFですが、これが本当のことであっても何ら不思議はありません。

本作品は英訳されてすぐ読まれた、当時のオバマ大統領や映画監督のジェームス・キャメロンなど多くの著名人から絶賛されており、中国では既にアニメドラマ化が決定しています。ただ、実写の映像化には莫大な制作費が見込まれており検討中とのことです。 また、冒頭でご紹介した本作の続編の2冊は現在出版に向けて準備中です。

本日ご紹介したのは、現代中国の最大のヒット作、劉慈欣さんで「三体」早川書房から2019年7月4日発刊、448頁、単行本で2090円でした(了)。

過去のコラム

(112)   宇宙の彼方と通信するにはどれくらい時間がかかるのでしょうか・・・
「劉慈欣(りゅう じきん) 三体 早川書房」 (2019.12.03)

(111)   番外編 ピンチヒッターその2
「宮下洋一 安楽死を遂げた日本人 小学館」 (2019.10.11)

(110)   ラグビー部を維持するには莫大な費用がかかります。
「池井戸潤 ノーサイドゲーム ダイヤモンド社」 (2019.9.27)

(109)   番外編 ピンチヒッター その1
「平野啓一郎 ある男 文藝春秋」 (2019.9.20)

(108)   理想の検察官とは・・・司法ミステリー
「柚月裕子 検事の信義 角川書店」 (2019.6.12)

(107)   子どもたちは世渡り上手にならざるを得ません。
「瀬尾まいこ そして、バトンは渡された 文藝春秋」 (2019.6.6)

(106)   かみさんのこと理不尽だと思ったことありませんか。
「黒川伊保子 妻のトリセツ 講談社+α新書」 (2019.5.9)

(105)   宝島、沖縄の宝とは?
「真藤順丈 宝島 早川書房」 (2019.4.1)

(104)   現実化しているサイバーテロ
「ビル・クリントン&ジェイムス・パターソン共著 大統領失踪 上下巻 早川書房」 (2019.2.12)

(103)   我々はどこから来て、どこに行くのか
「ダン・ブラウン オリジン 上・下巻 角川書店」 (2019.1.30)

(102)   南米ペルーにはまだ先住民がいます
「国分 拓 ノモレ 新潮社」 (2018.12.14)

(101)   一億円ポンと手に入ったらどうしますか?
「白石一文 一億円のさようなら 徳間書店」 (2018.11.14)

(100)   将棋界を覗いてみませんか
「瀬川昌司 泣き虫しょったんの奇跡 完全版 講談社文庫」 (2018.10.16)

(99)  傑作長編時代小説です
「葉室麟 散り椿 角川文庫」 (2018.9.12)

(98)  あなただったら、不治の病とどう向き合いますか?
「二宮敦人 最後の医者は雨上がりの空に君を願う上下巻 Toブックス」 (2018.8.9)

(97)  フォーサイスの真実とは?
「フレデリック・フォーサイス アウトサイダー 陰謀の中の人生 角川書店」 (2018.6.25)

(96)  ジャパニーズウィスキーの発祥って?
「伊集院静 琥珀の夢 小説鳥井信治郎 上・下巻 集英社」 (2018.5.23)

(95)  宮澤賢治のイメージが変わるかもしれません。
「門井慶喜 銀河鉄道の父 講談社」 (2018.2.16)

(94)  ズバリ!! 明治維新の立役者西郷吉之助です。
「林真理子 西郷(せご)どん 角川書店」 (2018.1.15)

(93)  フィンセント・ファン・ゴッホの真実とは
「原田マハ たゆたえども沈まず 幻冬舎」 (2017.12.11)

(92)  ノーベル文学賞作家の作品を読んでみませんか。
「カズオ・イシグロ 私を離さないで ハヤカワ文庫」 (2017.11.28)

(91)  死神って本当は天使だったの?
「知念実希人 優しい死神の飼い方 光文社文庫」 (2017.10.16)

Column81-90

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

Column71-80
Column61-70
Column51-60
Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ