弁護士中山の「私の一冊」

お誕生日は体育の日? (2010.7.12)

奥田 英朗 「オリンピックの身代金」角川書店

 

  しばらくスポーツはサッカーで盛り上がっていましたが,皆さん,体育の日と言えば10月10日ですよね。それが勝手に10月の第2月曜日に変更されているではないですか。しかも,連休を増やすためとはいえ,手の込んだことに大真面目に法律改正(国民の祝日に関する法律)までして。平成19年にこの法改正が施行されるまでは,私に「ねえ,誕生日はいつ?」と聞かれれば,「えっと,10月10日だけど。」「へええ,体育の日じゃん。」という心地よい会話がなされていたのです。それが,もの心付いてこの方ずっとずっと「体育の日生まれだった中山君」は,なんと国会の法改正決議によって「体育の日生まれの中山君」ではなくなってしまったのです。確かに,子どもの頃から,誕生日なのに学校はいつも休みで,級友から誕生日当日に,おめでとうの言葉をもらえずに寂しい想いをしました。まあ,休みでなくても言われなかったのではと,反論されれば自信ありませんが。でも「さすがは体育の日生まれだね。」とか言われるのは,気恥ずかしくも何と誇らしい気分であったことか。もちろん,これから先も何年かに一度は,偶々10月10日が第2月曜になることもないではありません。でも寂しいものは寂しい,と本気で憤っていたのです。関係ないですが,前記法改正の国会決議に参加されたであろう菅直人首相は,出身が宇部市,生まれた日が10月10日,いずれも私と同じです。はい,だからなんということもない,ただそれだけです。  

  ところで,体育の日は,昭和39年からはじまりました。東京モノレール,東海道新幹線もこの年に開通。当時,日本一の高層ビルホテルニューオータニも開業。テレビジョンのカラー放映もそう。新聞のテレビ欄に四角でカラーと囲んだのがカラー放映なんですよね。ひところのハイビジョン放送みたいに。カラーテレビ受信機は,家具調でとても高価で3ヶ月分の給料でも手が届かなかったといいます。自動車はトヨペットクラウンとか,ホンダS600とか。あたりは田園風景で,まだ信号機や車の少なかった道路は,泥道かよくて砂利道で,国道と名が付いても舗装されていなかったのもありました。そして真打ち,昭和39年と言えば,国家の威信を賭けた重大事である東京オリンピックの開催の年です。オリンピック,この開催こそが,あらゆることを39年に間に合わせた所以なのです。もちろん,代々木国立競技場でのオリンピック開会式は10月10日。当日,私は5歳の誕生日を迎え,おぼろげながら,カラー放映された開会式入場行進の模様を覚えています。

  ということで,今回ご紹介するのはサスペンス大作「オリンピックの身代金」です。作者は言わずと知れた流行作家さん。私と同じ歳で岐阜生まれ,地元高校卒。雑誌編集者,コピーライターを経て97年ジョン・レノンと小野ヨーコ夫婦をモデルに創作した「ウランバーナの森」でデビュー,01年「邪魔」で大藪春彦賞,04年「空中ブランコ」で直木賞。07年「家日和」で柴田練三郎賞。いま彼が新作を発表すれば何でも売れてしまいます。「イン・ザ・プール」これに続く「空中ブランコ」は精神科医伊良部のキャラクターがとても楽しくて,続編を期待しています。作品の多くは,テレビ化,映画化されています。なお,本作品は09年吉川英治文学賞。

  さて,内容紹介です。作品は,オリンピック開催を妨害すべく爆弾テロリストに化した島崎国男と警備を担当する警視庁との緻密な攻防について描かれたものです。東京オリンピックを,戦後日本の国際社会への進出と捉え,威信を賭け絶対に成功させようとする国家。これを戦後最大のイベントとして歓迎かつ狂喜する国民。オリンピック開催を目前に高速道路,競技場などの関係施設の工事は,その完成が最優先事項とされ,急ピッチで進められなければなりません。工事現場での肉体労働の担い手は,主として出稼ぎ労働者です。田舎の町役場には「でかせぎ課」があった時代です。寝食ともにする飯場生活での過酷な環境下にあって,労働基準法は守られるはずもありません。度重なる残業を事実上強要され,食事と睡眠を除く1日16時間もの労働を強いられていた島崎の兄は,ヒロポン死を遂げます。急報を聞き,兄の実情を知った島崎は自らの研究に疑問を感じます。島崎は東大大学院でマルクスを研究していたのです。島崎は自ら,兄と同じ過酷な環境下で労働し,ヒロポン中毒に身を落とします。そして悟ります。「奴隷を解放したのは,奴隷側のリーダーではなく,知識階級層或いは有産階級の中から生まれた異分子,或いはテロリストたちであると・・・」。テロリストと化し,連続爆弾事件を仕掛ける島崎。警察とのイタチごっこ。遂に警察当局は,地道に重ねた捜査線上に島崎を捉え,次第に追いつめていきます。国立競技場を開会式当日に爆破することを予告し,身代金として8000万円を要求する島崎。攻防は如何に・・・。島崎と彼を取り巻く人物が丁寧に描写されて,味わい深いものに仕上がっています。また,時代は昭和中期,昭和を経験された読者にとって,力道山の刺殺死,Ya!Ya!Ya!ビートルズ来日,銀座の若大将加山雄三,シャボン玉ホリデーのザ・ピーナッツ・・・すべてが懐かし過ぎてそれだけで感動です。加えて息つくサスペンス。どうぞ懐かしんで堪能してください(了)。

過去のコラム

(91)  死神って本当は天使だったの?
「知念実希人 優しい死神の飼い方 光文社文庫」 (2017.10.16)

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ