弁護士中山の「私の一冊」

アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば? (2017.6.20)

スティーヴン・ハンター「Gマン 宿命の銃弾」(上・下) 扶桑社ミステリー

いわゆるギャングという単語は,アメリカの禁酒法時代に暴力的犯罪者集団をさす言葉として使われるようになりました。イタリアのシチリア島を起源とし、後にアメリカに移民したマフィアとは違います。ギャングは日本でいえばヤクザや暴力団がこれに当たると思われます。

禁酒法時代のギャングといえばアル・カポネですが,今回取り上げるのは,ギャングでも銀行強盗団です。
時は1934年です。アメリカでは1920年から33年まで続いた禁酒法によって,アルコールを含む酒は国内での製造・販売・輸送が禁止されたため,カナダから酒を密輸する犯罪組織がはびこるようになります。アル・カポネに代表されるギャング一味です。この密輸一味はヤミ酒の違法販売を通じて巨額の富を築きます。
が,1934年には禁酒法も撤廃され,密輸で儲けていたギャングの勢いも衰退し始めたのでした。そこに新たな暴力的な一味が現れます。昔ながらの銀行強盗です。
現在では銀行強盗なんてすぐに捕まるのが関の山ですが,1930年代のアメリカはそうではありませんでした。第一次世界大戦を終え,1929年の世界恐慌を経て広大な国土を抱えるアメリカでは経済恐慌の真っただ中でした。国内的に失業者が蔓延し,国民所得は大きく低下していました。警察の力は人的・物的にも弱く,犯罪,特に広域の銀行強盗に対する取締りは後手後手に回っていたのでした。
アメリカの警察組織は,連邦・州・郡・市町村の各組織がそれぞれ設置する警察と州や郡ごとに置かれる保安官がありますが,一国の政策としてギャングを撲滅する主体的な活動をしたのは,当時の司法省捜査局でした。この組織は,後の連邦捜査局FBIとなりますが,警察の管轄を越えて駆け回るギャング一味を追っていたのでした。

本作品では司法省捜査局と実在のギャング一味であるジョン・デリンジャー,トミー・キャロル,ジョン・ポール・チェイス,ベビーフェイス・ネルソンとの戦いを史実として描いています。
それを題材にした映画はジョン・デリンジャーを描いた「デリンジャー」とかボニーとクライドを描いた「俺たちに明日はない」をはじめとしてたくさんありますが,本作品のアプローチは単なる自伝的なものではなくて,作者スティーブン・ハンターならではものとなっています。

さて,時は現在です。

アーカンソー州にある名スナイパーとして名をはせた退役軍人ボブ・リー・スワガーの所有する広大な土地の一部の古屋の跡地の地中から,祖父チャールズの遺品と思われる拳銃コルト45と真新しい1000ドル紙幣,謎の地図,FBIの前身である司法省捜査局のバッジが入った頑丈な箱が見されます。発見された土地にはスワガーの父や祖父が暮らした古い建物が建っていたのでした。発見された品々の中でも捜査局のバッチはFBI設立以前のもので,1934年当時だけ使用されていたことがわかります。当時,祖父チャールズは郡保安官をしていたはずでしたが,一体どんな人物だったのか,なぜこれらの品々を埋めて隠したのか。
スワガーは自分のルーツである祖父の謎に満ちた当時の調査に乗り出します。調べてみると,保安官チャールズはシカゴの司法省捜査局からの要請で捜査官に銃器の訓練指導をしながら,彼らとともに当時のパブリック・エミニー・ナンバーワンのジョン・デリンジャーを追っていたことを掴みます。
一味のうちベビーフェイス・ネルソンといわれる男はその凶暴性と狡猾さで恐れられていました。彼らとの壮絶な戦いは果たしてどうなるのか。といった感じでストーリーは進んでいきます。
最終的には史実の示すとおりにギャング一味は殲滅されるのですが,果たしてチャールズはこれらに関わっていたのか,調べてみても当時の捜査局の記録にチャールズの名は残されていませんでした。チャールズの記録は意図的に抹消されたのか,だとすればそれはどうしてなのか。シカゴから故郷アーカンソーに戻ったチャールズは再び保安官として復帰しますが,8年後の1942年には何者かに撃たれてこの世を去ります。これらの謎は解き明かされることができるのか。スワガーの真実に迫る探索が始まります。

本作品はヴェトナム戦争における伝説のスナイパー,ボブ・リー・スワガーのシリーズ第15作目です。が,シリーズを全く読んでいなくてもこれ一本で十分に楽しめます。  作者によれば,実はベビーフェイスネルソンを材に取った本を書きたかったのだそうです。1934年という年をチャールズ・スワガーを通して再現したかったということです。
どうかアメリカ1934年の史実を楽しんでください。

本書は2017年3月29日発刊, 文庫本上下巻合わせて875頁。
1988円です。著者の略歴については,私の一冊(28)をご参照ください(了)。

過去のコラム

(101)   一億円ポンと手に入ったらどうしますか?
「白石一文 一億円のさようなら 徳間書店」 (2018.11.14)

(100)   将棋界を覗いてみませんか
「瀬川昌司 泣き虫しょったんの奇跡 完全版 講談社文庫」 (2018.10.16)

(99)  傑作長編時代小説です
「葉室麟 散り椿 角川文庫」 (2018.9.12)

(98)  あなただったら、不治の病とどう向き合いますか?
「二宮敦人 最後の医者は雨上がりの空に君を願う上下巻 Toブックス」 (2018.8.9)

(97)  フォーサイスの真実とは?
「フレデリック・フォーサイス アウトサイダー 陰謀の中の人生 角川書店」 (2018.6.25)

(96)  ジャパニーズウィスキーの発祥って?
「伊集院静 琥珀の夢 小説鳥井信治郎 上・下巻 集英社」 (2018.5.23)

(95)  宮澤賢治のイメージが変わるかもしれません。
「門井慶喜 銀河鉄道の父 講談社」 (2018.2.16)

(94)  ズバリ!! 明治維新の立役者西郷吉之助です。
「林真理子 西郷(せご)どん 角川書店」 (2018.1.15)

(93)  フィンセント・ファン・ゴッホの真実とは
「原田マハ たゆたえども沈まず 幻冬舎」 (2017.12.11)

(92)  ノーベル文学賞作家の作品を読んでみませんか。
「カズオ・イシグロ 私を離さないで ハヤカワ文庫」 (2017.11.28)

(91)  死神って本当は天使だったの?
「知念実希人 優しい死神の飼い方 光文社文庫」 (2017.10.16)

Column81-90

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

Column71-80
Column61-70
Column51-60
Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ