弁護士中山の「私の一冊」

もしも過去の事実を改変できるとしたら (2017.5.16)

梶尾真治 「クロノス・ジョウンターの伝説」 徳間文庫

前回に引き続き、今回も感動するSF作品をご紹介します。

作者の梶尾さんは1947年12月熊本県生まれです。地元の熊本マリスト学園高校を経て福岡大学の経済学部卒業です。大学を卒業して2年後にはハヤカワ書房のSFマガジンに「美亜へ贈る真珠」が掲載され作家デビューです。その後、家業であるガソリンスタンドチェーンを運営する会社に入社して10年後には、先代社長であるお父上死去とともに社長に就任、以降社長業の傍ら作家として活動されていました。2004年に57歳にして会社を引いて専業作家宣言をします。

ジャンルとしてはSFですが、作風はリリカル(抒情詩的)なもの、純愛もの、ドタバタもの、グロテスクものまで幅は広いようです。

主な作品で 私が読んだことがあるのは、2003年に草剛さんと竹内結子さん主演で映画化され大ヒットした「黄泉がえり」があります。隕石が地球に衝突して、その影響で死んで黄泉の国へ行った人が次々によみがえってしまうというストーリーでしたね。そのほかには、といっても私は「黄泉がえり」くらいしか読んだことはないのですが、タイトルを上げるにも大変なほどにたくさんの作品を書かれています。日本で最も古い権威あるSF作品に対する賞である星雲賞を5回も受賞されており、また「サラマンダー殲滅」という作品で1991年日本SF大賞を受賞。要するに梶尾さんはSFの世界では大家なのです。

本作品はタイムトラベルのお話ですが、皆さんはタイムトラベルとタイムスリップとでどう違うかご存知ですよね。
 そう、タイムスリップは、偶然にも何らかの現象によってスリップして時空を超えるというものですが、タイムトラベルはタイムマシンによって意図的に時空を旅するのです。

難しいことはよくわかりませんが、物理的にはアインシュタインの特殊相対性理論によれば、光よりも速い超高速で物体が移動することが可能であることを前提とすれば、タイムトラベルは理論的には可能で、現在も欧米の大学では大まじめにこの研究に取り組んでいる自然科学者がいるようです。

さて、作品紹介です。一言でいえば本作品は、6つの切ない時間SFロマンスとも言うべきラブストーリーです。短編連作集となっています。本書は作者がタイムトラベルを軸にして短編を別々に書き連ねていた6つの作品を短編連作集として仕上げているのです。

時は1995年、ある巨大企業の重工業開発部門で時間軸圧縮理論を採用した巨大な物質過去放出機、名付けてクロノス・ジョウンター(クロノスは時の神、ジョウンターは瞬間移動装置のこと)の開発に成功します。しかし、実験を重ねるうちにクロノス・ジョウンターには重大な欠陥があることが発覚します。それは、物質を過去に飛ばすことはできても、そこに長時間とどまらせることができないということ、しかも戻ってくるのは出発した現在ではなく未来に弾き飛ばされてしまうということでした。たとえば現在を基準として半年前に物質を飛ばしたとすると、そこにとどまることができるのはわずか数十分だけであり、滞在後弾き飛ばされるのは現在を飛び越して未来の1年後であったりするというものなのでした。もちろん、実験は重ねられ改善されていき、過去での滞在時間を延ばすことも可能となり、20年先の過去までタイムトラベルすることができるようになりました。しかし、現在から過去へタイムトラベルした場合に現在にそのまま戻るということは依然として可能とはなりませんでした。それどころか、遠い過去へ行けば行くほど飛ばされる未来も数倍先になり、本来自分が生存していないはずの数十年も未来になったリしていたのでした。

にもかかわらず、あえて危険を冒して過去に戻り、過去の事実を改変して愛する人を救おうとする人々の6つの物語が本作品です。
例えば、通勤途中にある花屋の女の子に片思いした男が、やっとのことで彼女との初デートの約束を取り付けたのもつかの間、彼女の働く花屋にタンクローリーが突っ込み彼女は亡くなってしまいます。男は生前の彼女に危険を伝えるべくクロノス・ジョウンターに乗り込みますが、果たして彼女を救うことはできるのでしょうか。

また、入院していた少女が思いを寄せていた難病で余命間もないお兄ちゃんを忘れられずに、将来医師になり、過去に戻って未来の先進医療によりお兄ちゃんを救おうとする物語であったり、母子家庭で育ち母の男との関係のだらしなさに失望して、一人都会に旅立ち絶縁していた母の危篤の知らせを無視したものの、母の真実を知ろうとタイムトラベルを志願する息子の物語だとか、合計6つの物語が一つにつながるとき、本当に心温まる感じに包まれること請け合いです。

なお、6つの物語の一つで、先ほど触れた入院していた少女が大人になって憧れていた青年の難病を直そうとする「鈴谷樹里の軌跡」という物語は「この胸いっぱいの愛を」といタイトルで伊藤英明とミムラの主演で2005年に映画化されています。
 また、6つのうち4つの作品は上川隆也(かみかわ たかや)さんが属していた演劇集団「キャラメルボックス」により舞台化されていますのでこちらでも楽しむことができます。

以上、本日の「弁護士中山の私の一冊」は「クロノス・ジョウンターの伝説」でした。2015年2月に徳間文庫から発刊、653頁、950円です(了)。

過去のコラム

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ