弁護士中山の「私の一冊」

ランニングシューズ業界を覗いてみましょう (2016.9.9)

池井戸潤 「陸王」 集英社

 

本作品は池井戸さん得意の経済小説ですが、池井戸さんの略歴は私の一冊29をご参照ください。

 

さて本作品はランニングシューズを扱ったものですが、西洋では古くから革靴が有って、江戸時代末期には坂本竜馬も革靴を履いていました。
日本の古来からの履物といえばわらじ、草履、下駄ですね。そして西洋の靴下に対して、日本では足袋ですね。

 

 足袋といえば、あのタイヤメーカーのブリヂストンは久留米発祥ですが、ブリヂトンは久留米のアサヒ靴のアサヒコーポレーションから派生した会社でした。

 

アサヒコーポレーションはもともと1892年に初代石橋徳次郎が個人経営で足袋を製造販売していたものが、日本足袋株式会社として法人成りしてその後、足袋の裏にゴム底を張って地下足袋を作りそこから靴を作る会社へと発展し、会社名も現在のアサヒコーポレーションに変更されました。アサヒの創業は石橋家によるものですが、地下足袋を事業として目覚ましく成長させ、事業としての軌道に乗せたのは創業一家次男の石橋正二郎さんでした。しかし、自らの営業活動の中で移動手段としての自動車を見て、将来を見通し自動車産業に目をつけて、ゴムタイヤの製作を始めました。こうして正二郎さんはそして日本足袋からゴムタイヤ部門を独立させて、隣接地においてゴムタイヤを作る会社、日本タイヤ株式会社を興したのでした。それが現在のブリヂストンへと大躍進したのでした。一方、本家のアサヒ靴は平成13年でしたか倒産の憂き目にあいながら、会社更生法の適用を受けて現在再建中です。靴業界はそれほど厳しい業界なのです。

 

少し、本編から外れましたが、本作品は老舗足袋メーカーがランニングシューズ業界に乗り出し失敗を重ね、くじけながらもマラソンランナーに陸王をという夢物語です。

 

埼玉県行田市にある「こはぜや」は創業100年の歴史を有する足袋メーカーです。とはいっても従業員20数名の零細企業で、足袋そのものの需要は先細りで業績はじり貧でした。社長の宮沢は銀行融資の交渉に頭を痛める毎日でした。そんなある日、宮沢はひょんなことから、こはぜやの先代が「陸王」という名のマラソンシューズを制作していたことを知ります。このこともあり宮沢は新規事業として足袋製作のノウハウを活かしたランニングシューズの開発を思い立ちます。宮沢は早速、社内にプロジェクトチームを立ち上げて開発に着手しますが、資金難をはじめとして、靴底の形、素材探しなど様々な困難に直面します。

 

やっと試作品にこぎつけた宮沢は実業団陸上部の名ランナー茂木に陸王の試作品を託します。しかし、陸上部にはすでに大手シューズメーカーが食い込んでおり、メーカーからの露骨な妨害にあいます。大手は名のある選手には無料でシューズを提供するほかあらゆる利益供与をして、競技の際に自社のシューズを履いてもらい走る広告塔として利用していたのでした。茂木は陸上の長距離選手であり大学時代に箱根駅伝にエースとして出場した経験もある実力者でしたが、故障に悩みランニングフォームの改造に取り組んでおり、スランプ状態だったのです。そのため満足なレースができない茂木には大手メーカーから次第に冷たくされ見捨てられようとしていたのでした。ライバル選手は脚光を浴びている中、はたして茂木は陸王で再起できるのでしょうか。

 

シューズ陸王の開発と茂木の再起をかけた戦いが2本の軸となっていますが、どのようなラストを迎えることとなるのでしょうか。尽きるところレース用のランニングシューズの進化の物語です・・・といった感じですがいかがでしょうか。

 

池井戸さんの「下町ロケット」を彷彿させる名作です。いずれきっと映像化されると思います。

 

ちなみに、本作品のモデルとなった実在の足袋屋さんがあるるそうです。きねや足袋という会社で、実際、開発されたのは「陸王」ではなくて、ランニング足袋「きねや無敵」という名のシューズです。足袋にゴム底を付けたユニークな形をした製品で、1足5000円で販売されています。作者の池井戸さんがここを訪れ綿密な取材をしたうえで本作品を執筆したことは言うまでもありません。

 

「陸王」ソフトカバーで592頁、お得な1836円です。もちろん一気読みするしかありません(了)。

過去のコラム

(101)   一億円ポンと手に入ったらどうしますか?
「白石一文 一億円のさようなら 徳間書店」 (2018.11.14)

(100)   将棋界を覗いてみませんか
「瀬川昌司 泣き虫しょったんの奇跡 完全版 講談社文庫」 (2018.10.16)

(99)  傑作長編時代小説です
「葉室麟 散り椿 角川文庫」 (2018.9.12)

(98)  あなただったら、不治の病とどう向き合いますか?
「二宮敦人 最後の医者は雨上がりの空に君を願う上下巻 Toブックス」 (2018.8.9)

(97)  フォーサイスの真実とは?
「フレデリック・フォーサイス アウトサイダー 陰謀の中の人生 角川書店」 (2018.6.25)

(96)  ジャパニーズウィスキーの発祥って?
「伊集院静 琥珀の夢 小説鳥井信治郎 上・下巻 集英社」 (2018.5.23)

(95)  宮澤賢治のイメージが変わるかもしれません。
「門井慶喜 銀河鉄道の父 講談社」 (2018.2.16)

(94)  ズバリ!! 明治維新の立役者西郷吉之助です。
「林真理子 西郷(せご)どん 角川書店」 (2018.1.15)

(93)  フィンセント・ファン・ゴッホの真実とは
「原田マハ たゆたえども沈まず 幻冬舎」 (2017.12.11)

(92)  ノーベル文学賞作家の作品を読んでみませんか。
「カズオ・イシグロ 私を離さないで ハヤカワ文庫」 (2017.11.28)

(91)  死神って本当は天使だったの?
「知念実希人 優しい死神の飼い方 光文社文庫」 (2017.10.16)

Column81-90

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

Column71-80
Column61-70
Column51-60
Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ