弁護士中山の「私の一冊」

ピアノの調律師って? (2016.6.17)

宮下奈都 「羊と鋼の森」 文藝春秋

 

作者の宮下さんは1967年福井県ご出身です。上智大学文学部哲学科を卒業され、普通に結婚されました。2004年にご自身3人目のお子さんを妊娠中に執筆した「静かな雨」という作品で文学界新人賞の佳作に選ばれ作家デビューです。その後、これといったヒット作には恵まれていませんでしたが、そんな中での本作品「羊と鋼の森」は2016年の直木賞候補ともなり、めでたく第13回本屋大賞受賞となりました。

 

本屋大賞ってどんな賞かご存知ですか。

 

そう。全国の書店員の投票により「最も売りたい本」を選ぶんですね。で、書店員が選ぶわけですから財源もなく賞金はありません。でも、でもですよ、本屋大賞の候補として毎年10作品にノミネートされるだけでもとても話題になり、売れますよね。ちなみに今回ノミネートされた10作品のうち落選した主なものをあげますと、住野よる「君の脾臓を食べたい」東山彰良「流」又吉直樹「火花」中村文則「教団X」西川美和「永い言い訳」など、かなり売れている作品であることが分かります。

 

これが大賞受賞ともなると本屋さん折り紙付きですから売れること間違いなしのベストセラーになっています。

 

その証拠に過去の受賞作を挙げてみますと、あの百田尚樹の「海賊と呼ばれた男」三浦しおんの「舟を編む」冲方丁の「天地明察」湊かなえの「告白」伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」リリーフランキーの「東京タワー」などなどがあります。

 

さて本作品ですが、一言でいえば、ひとりの少年がピアノの調律師をめざし調律師として一人前になる過程を描いた物語です。

 

ピアノってどいう仕組みで音が鳴るかわかりますか。

 

ピアノには白と黒の鍵盤があって、この鍵盤をたたくとピアノ内部のハンマーヘッドが連動してピアノ線といわれる弦を打ってそれが音となります。このハンマーヘッドのフェルト部分は羊の毛でできています。そして弦は金属の鋼ですね。そう、本作品のタイトルの羊はハンマー、鋼はピアノ線、そうしてこれらを包む森がピアノのことを意味しているのです。

 

ピアノは弦楽器ですからほおっておくと音が狂います。だからその微妙な狂いを調律する必要があるのです。普通ピアノの調律は家庭用で一年に一回程度しているようですが、買ってから数十年間一度もされていないということもままあるようです。ただ、プロたるピアニストともなればコンサートごとに調律するそうで、著名なピアニストさんともなれば、ご指名の調律師さんがいるようです。

 

さて物語の舞台は北海道の小さな町、山深い森の中で育った主人公外村(とむら)は17歳の高校2年生です。担任の先生に言いつかり高校の体育館の隅にあった大きな黒いピアノの調律にたまたま立ち合います。このときの調律師板鳥との出会いを機にピアノの調律という世界に魅せられてしまいます。外村は、高校を卒業すると調律師を養成する専門学校へと進学して、卒業後は板鳥と同じ職場で調律師の第一歩を歩み始めます。

 

しかし、外村の技術的な未熟さ、音楽的な才能のなさなどから不安感は募り、調律師として一人前になる道は険しいものでした。職場にはプロ意識の高い板鳥調律師のほか、外村と組んで顧客を担当する先輩の柳調律師、ピアニストを目指していて挫折した経歴を持つちょっぴり意地悪な秋野調律師がいます。これら先輩調律師との交流や調律を担当したピアノの様々な顧客を通じて外村自らが次第に成長していく過程を緻密に描いています。ことにピアニストを目指す双子の女子高校生の姉妹の挫折と成長に関わる場面は、とても和やかなものでした。

 

世界と調和していること、それがどんなに素晴らしいことか、言葉で伝えきれないなら音で表せるようになればいい、外村が調律師として成長する様を温かく読んでみてください。

 

一流の調律師さんによれば、調律師としての秘訣は「才能よりも根気、大事なのはこつこつやること」とのことです。この言葉の意味をしみじみと感じさせる作品でした(了)。

過去のコラム

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ