弁護士中山の「私の一冊」

人はなぜ山に登るのか (2016.5.31)

夢枕獏「神々の山嶺(いただき)」上下巻、集英社文庫

 

夢枕さんといえば、SF作家、エッセイストであり、写真家でもあることで有名ですね。1951年1月1日神奈川県小田原市生まれ、東海大学文学部卒業で現在65歳です。10歳の時から小説家を志望されていたそうで、大学卒業後は出版社の編集者にでもなって物書きを目指す予定だったそうです。ところが、大学卒業後就職そのものに失敗して、しばらくは山小屋で働いていたそうです。釣りや旅行が趣味で、実際ヒマラヤ登山をしたりアラスカの原野をさまよったりとかなりハードな冒険も体験されています。作家としては1977年にあの筒井康隆さんが主宰する同人誌に「カエルの死」という作品を発表してにデビューです。その後、1984年に「魔獣狩り」シリーズを発表してベストセラー作家となります。さらに88年には野村万斉さんで映画化された阿部晴明の「陰陽師シリーズ」などの発表によりその地位を不動のものとされています。

 

ご本人曰く、自分の作風については「エロスとバイオレンスとオカルト作家」とのことです。その作風からすれば、本作品はドキュメンタリータッチであり全く異質なものです。才能豊かな方なんですね。

 

さて作品紹介です。

世界一高い山エベレスト、標高8848メートル。空気は薄く、酸素濃度は地上の3分の1ほどしかありません。最低気温マイナス60度、強風となれば風速は60メートルにもなります。飛行機はこの高度を飛ぶことができますが、ヘリコプターは飛ぶことができません。空気が薄くて揚力を得ることができず、ホバリングできないのです。ちなみにヘリは高度4、5千メートルでの飛行が限界といわれています。

エベレストという名称は、イギリス東インド会社インド測量局(山の高さを測量する部局)の長官を務めたジョージ・エベレスト大佐の名前がその由来となり、この山が世界最高峰と判明した1856年に命名されました。チベット語ではチョモランマ、ネパール語ではサガルマータといいます。

この世界最高の山頂を制覇するため世界の覇者イギリスは遠征隊を1920年代から派遣し、多くの犠牲者を出しました。そして1953年になってようやく初制覇がなされます。初制覇したのはエドモンド・ヒラリーとそのシェルパを務めたテンジン・ノルゲイの二人でした。日本隊はというと1970年に松浦輝夫と植村直己が初登頂を果たしています。

本作品は実在する人物をもとに史実を織り交ぜたフィクション作品となっています。

史実ですが、ジョージ・マロリーという方をご存知でしょうか

「なぜ山に登るのか」といわれたらその答えは何ですか?

・・・「それがそこにあるから」

そう、その答えを遺したのが、レジェンド、ジョージ・マロリーだったのです。彼は1923年、イギリスによるエベレスト第3次遠征隊に加わり、アーヴィンとともに最終キャンプ地からの山頂アタック隊に命じられます。そしてこれに挑戦しますが遭難し行方不明となりました。ところが、彼らが遭難したのは登頂を果たした後なのか前なのかについて謎が残ります。当時、アタック隊はカメラを携行しており遭難した彼らの遺体が見つかれば、携行したカメラのフィルムから登頂の成否が分かるはずだというのです。すなわち、その成否によってはエベレスト初登頂の歴史的記録が30年も前に塗り替えられることとなるのです。

この歴史的なミステリーが前提となって、時は現在の日本。折しも登山仲間とエベレストに遠征した主人公深町のパーティーは2人の滑落死者を出して登頂に失敗します。カメラマンを務めていた深町は失意のままネパールのカトマンズにとどまり、あてどもなくさまよっていたときに、古い登山用品などを商っている店先で年代物の壊れたカメラを見つけます。

深町は職業上そのカメラが、かのマロリーが遺した謎のカメラではないかと直感して購入します。但し、カメラにはフィルムは残っていませんでした。ところが、その夜ホテルで盗難に遭いそのカメラを盗まれてしまいます。深町はカメラの行方を追ううちに、そのカメラはビカール・サンと呼ばれる日本人が所有していてそれが盗まれてさらに故買されていたものを自分が購入したことを知ります。紆余曲折をたどり、カメラはビカール・サンの元に戻ることとなりますが、そのビカール・サンこそは、かつて日本で数々の記録を残した著名な登山家であって、日本のヒマラヤ遠征隊に属しエベレスト登頂がかなわず失踪した羽生丈二その人であることが判明します。

深町は帰国し、現地でカメラを取り戻して再び消えたビカール・サンこと羽生丈二を徹底的に調べ、彼がどうしてカトマンズにいたのかを探ります。その中で、どうして羽生が失われたマロリーのカメラを所持しているのかについて察知します。そうして深町は、単身、羽生を求めてネパールに飛びます。羽生は一人で一体何をやろうとしているのか、羽生という人物の調査の中であらゆる事実が浮き彫りにされてゆき、ついに羽生が前人未到の冬季エベレスト南西壁を単独かつ無酸素で登頂することを企てていることを知ります。 はたして誰もなしえなかった羽生の企ては成功するのか、カメラの真実は何だったのか。その結末は読んでから自分で確認してください。

本作品は、「エヴェレスト神々の山嶺」とのタイトルで今年の3月に映画公開されました。主演は羽生役の阿部寛と深町役の岡田准一で、現実にヒマラヤの5000メートル級の高地でロケを敢行しました。映画はまだ見ていませんが、小説はかなりの長編大作ですので、映画のわずか120分くらいの尺で十分に描き切ることができたのかが心配です。

いずれ、DVDで見る予定です。

なお、本作品は1998年の柴田錬三郎賞を受賞しています。夢枕さんはこの作品を書くために作家になったと自負されています。果たして、山岳流行作家の新田次郎さん亡き後、彼の遺した席を夢枕さんが座ることができたのでしょうか(了)。

過去のコラム

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ