弁護士中山の「私の一冊」

復讐とは虚しいものですね。 (2015.10.29)

ピエール・ルメートル 「その女アレックス」 文春文庫

 

この作品、何と文庫で発売以来2年足らずで55万部を売り上げています。

作者のルメートルさんは1951年生まれの64歳、図書館の職員に文学を教えるという教職を経て、テレビドラマの脚本を手掛けていました。
2006年に55歳という遅咲きの作家デビューです。第1作「悲しみのイレーヌ」でいきなりコニャックミステリ大賞ほか4つのミステリ賞を受賞しました。本作品は第1作で登場した警部 カミーユ・ヴェルーヴェン シリーズの2作目で、2011年にフランスで発表された犯罪ミステリです。

作品は2012年フランスでデリーヴル・ド・ポッシュ賞、2013年イギリスでCWAインターナショナル・ダガーを受賞しました。 日本では2014年9月に翻訳出版されました。が、すぐさま2014年度のこの「ミステリーがすごい 海外編」、「週刊文春ミステリーベスト10」「本屋さん大賞 海外編」ほか3つのミステリランキングで1位を取ったという優れものです。

さて、ストーリー紹介です。ただ、余りに内容に踏み込んだらネタバレになってしまいますので、その範囲でしかご紹介できませんのでご了承を。

主人公は、もちろんその女アレックス、美貌の30歳。元看護師。冒頭でこの美女が一人で、男どもがあつまるお店で食事をして男たちにいい気分にちやほやされての帰宅途上、見知らぬ一人の暴漢にいきなり拉致誘拐されます。全く抵抗できないままにひどい暴力を受けて、古い廃屋に連れ込まれます。そこでは自ら衣服を脱ぐように命令されて丸裸にされ、背中を丸めてうずくまるしかないほどの小さなの木箱に閉じ込められ、木箱ごと宙につるされてしまいます。木箱は壁が格子状になっており外から中がよく見えるような作りになっていました。アレックスは犯人に尋ねます。「どうして私なの」と、犯人はアレックスに言います、「お前が死ぬのを見たい」と。そうして犯人は去ってしまいます。アレックスは少ないペットボトルと固形状の食糧を与えられ、そこに吊るされて放置されるだけの毎日を送ることとなります。

薄い眠りの中でふと、物音がして気付けば、アレックスはおなかをすかした大きなネズミたちに囲まれていました。固形上の食糧はネズミが好みそうなペットフードだったのです。

一方、拉致現場での目撃者からの通報を受けた警察では、カミーユ・ヴェルー・ヴェン警部を班長としてチームが結成され捜査の任に着きます。カミーユは敏腕警部として知られていましたが、自ら担当した最愛の妻を誘拐事件によって殺害されるという事件にうちひがされ、失意の中にいて、一部捜査関係者からは彼を第1線に復帰させるのはまだ早いという声もありました。カミーユはかっての仲間であるルイとアルマンをチームとして引き入れこの誘拐事件に立ち向かうのでした。ルイは上流階級の子息でお金持ちです。一方、アルマンは倹約家でそのいでたちはこざっぱりしたホームレスの様相です。この凸凹コンビがカミーユの期待に応えるべく活躍します。
捜査は進み、誘拐事件の容疑者が特定されてその背景が見え隠れしてきたときになって、追い詰められた容疑者はアレックスの拉致場所を明らかにしないままに転落死してしまいます。被害者アレックスをどうやって見つけるのか。

一方、アレックスはひとり監禁場所からの脱出を試みようとしていました。

ところで、誘拐事件はこの物語の導入に過ぎなかったのです。アレックスがさらわれるずっと前に、実は容疑者の息子は、行方不明となっていたのでした。その行方不明事件にアレックスは何らかの関係ありと疑いが掛けられていたのです。この誘拐事件の真相は息子に対する復讐のためになされたものであったのか。

おりしも、パリ近郊において濃硫酸を咽喉に流し込むという凄惨な手口による新たな殺人事件が連続して起こります。一体犯人は誰なのか、事の真相は単純ではありません。という感じでアップテンポでストーリーはラストへと駒を進めます。

カミーユとこの一連の事件を担当した予審判事との会話が印象的なラストを飾ります。曰く「・・・真実、真実といったところで…これが真実だとかそうでないとか、いったい誰が明言できるものやら、われわれにとって大事なのは、警部、真実ではなくて正義ですよ。そうでしょう。」はい。

この作品に涙はありません。私は、この小説が冒頭で紹介したようなとてもすごい評判を得ているものとはつゆ知らずに、読書友達に勧められるままにただ何となく読んでみました。感想は一言でいえば、「こんなのありですか」なんですけど、読んで絶対後悔させません。さあ皆さんも私と同じようになんとなく勧められるままに読んでみてください。読んでいる間のストーリー予測はすべて裏切られること間違いなしです。既に映画化も決定しています。

文庫版449頁860円+税です。ルメートルの翻訳作品は日本では本作品を含めて3作品しか出版されていませんので、他の2作品も手に入れてください。とくに本作品の前作である「悲しみのイレーヌ」が超おススメです(了)。

過去のコラム

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ