弁護士中山の「私の一冊」

何かを忘れるということ (2010.6.28)

荻原 浩 「明日の記憶」光文社文庫

 

  私が受験勉強に明け暮れていた(?)大学3年の夏のことでした。左足と腰に強度のしびれを訴えて検査の結果,約1ヶ月半の入院予定で椎間板ヘルニアという腰の手術を受けることになりました。当然,全身麻酔を施しての手術となります。ところが,術中,私の心肺は麻酔ショックにより停止したのです。執刀医は,直ちに心マッサージ,電気ショック(今でいうAED)にて蘇生術を施し,これが奏功し,私の心肺は再び正常に動き始めました。心臓が停止していた時間は長くても10分以内だったとのこと。医学的に心停止は血流の停止を伴い,脳細胞を壊死させてしまうことになります。ですから,心停止時間の長さにより患者の蘇生後の状態に影響を及ぼすわけです。私が手術室から出るまでに8時間を要した挙げ句,執刀医から医学生だった兄になされた説明は,「意識の回復を待つしかないが,心停止の後遺症,悪くすればいわゆる植物状態もありうる」というものでした。当の私は,幸か不幸か深夜普通に(?)目覚めました。そして,看護婦さんから「私誰だかわかりますか」の問に対して,「ごっつうぶさいくな看護婦さん」と正直な受け答えも出来ました。しかし,私にはこのやりとりを含め,それから3日間の記憶がありません。正しくは3日間の出来事がすべて夢で見たことのように,曖昧な記憶ほどにも呼び戻すことができないのです。医学的には,記銘障害といって,古い記憶は損なわれておらず,新しい情報を記憶することができなくなっていたのです。例えば,私は,その日見舞ってくれた先輩に対し,「わざわざ来てくれてありがとうございます」と挨拶出来ました。しかし,それから数分した後,再び私は先輩に対し,「先輩来てくれたんですね。ありがとうございます」という次第です。件の先輩は,涙をこらえ辞して,大学の勉強仲間に対して,「エイジ(私の名前)はもう終わったばい」とこぼしていたそうです。幸いにも3日後の朝,私はそれまでの2日間とはなんだか違う覚醒をしました。記銘障害も徐々に回復しました。リハビリに,1日何度も日記を書きました。また,先の看護婦さんとも,あの「正直発言」はなかったことにしましょうという和解もしました。たぶんその後快復した(?)私は,3年後に,偶々司法試験にも合格して現在に至っています。時は流れ,20数年。ここ数年来,ちょっとした物忘れを自覚することが多くなりました。気がつけば,本作品の主人公と同じ歳になっていたのでした。

いわゆる認知症という病気のなかに,20世紀初め,ドイツの精神科医アルツハイマーが報告した症例であるアルツハイマー型というものがあります。初期症状から記銘障害とうつ状態を伴い,うつ病との区別が難しいようです。今の医学でも根治療法はなく,進行を遅らせることはできても治癒は不能です。多くは老年性で誰でも65歳以上で発病する可能性があります。74,75歳が好発年齢とされています。ちなみに,日本の65歳以上の人口のうち,約13人に1人が罹患していることが報告されています。これに対して,老齢に至っていないにも拘わらず(20代の例もあります)発病するものを,若年性アルツハイマーといいます。若年性は遺伝疾患とされ,老年性と違って進行が著しく早く,脳の神経細胞が急激に減ってしまい,脳が萎縮して知能低下や人格の崩壊が起こり,やがて死に至るというのです。

本作品は,若年性アルツハイマーと診断された50歳の広告代理店営業部長佐伯の発病からその病状が進行する過程を描いた,わずか1年足らずの物語です。

佐伯は,営業部長としての激務の中で,まず人の名前がなかなか出てこないようになります。小さな物忘れを経て,次は大切な取引先との打合せをすっぽかしてしまいます。自分で備忘録をつけ対策しますが,相手を問わず容赦なく物忘れは進みます。医学書を読み漁り,うつ病との自己診断をして悩む中,精神科を受診。詳細な検査の結果,若年性アルツハイマーの初期症状と診断されます。たくさんの薬を処方され,家庭では妻の献身的な食事対策,玄米,緑黄色野菜,DHAが含まれる魚料理は予防に効くとのことで,毎日食卓に並びます。会社ではシステム手帳に備忘用に多くのメモ,付箋を忍ばせます。が,ひとり行き慣れたはずの渋谷の取引先を訪問する際に,迷子になってしまいます。部長会議の欠席や治療中であることを会社に知られ,とうとう佐伯は閑職に。せめてもの一人娘の結婚式を現職で終え,会社を退職・・・と,暗い展開に尽き,特にラストシーンは思わず「そこまでなりますか」と来てしまいます。

本書をとおして,若年性老年性を問わず,アルツハイマーという病気のこと,周囲の方を含め,すぐそこに戦っている人たちがいるということを認識することが,いかに大切さかを教えられました。ともすれば,縁遠いことと考えて,偏見すら持ちかねない私に反省を促すことにもなりました。

「明日の記憶」というタイトルは,作者の意図への誤解を恐れずにいえば,過去のことは忘れても,まだ来ない明日のことを忘れることはないので,今日はダメでも明日は希望を持ってがんばろうということではないかと,自分なりに思いました。本当に感動の一冊でした。特に周囲にこの病気と戦っておられる方がいる方には,是非一読をオススメします。

なお,作者は56年埼玉生まれ,成城大卒。広告会社,コピーライターを経て,97年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞して作家デビュー。本作品で2回目の山本周五郎賞を受賞。また,本作品は渡辺謙の主演で06年に映画化。同映画化は,原作を読んで惚れ込んだ渡辺自身が,作者に手紙を送って懇願して実現したものとのことです(了)。

過去のコラム

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ