弁護士中山の「私の一冊」

ダビィンチには謎がいっぱい (2015.8.10)

真保裕一「レオナルドの扉」角川書店

 

作者の真保さんは既に「私の一冊23」でご紹介したとおり、もともとテレビアニメーションの制作者でして、笑うセールスマンやドラえもんの劇場版を何作か手がけています。その一方で小説を書かれており91年に「連鎖」というチェルノブイリ原発の汚染食品を扱ったミステリーで江戸川乱歩賞を受賞して作家としてデビューしました。その後、95年には織田裕二と松嶋菜々子で映画化された「ホワイトアウト」で吉川英治文学新人賞を受賞、96年には偽札作りのミステリー「奪取」で山本周五郎賞、2006年には登山小説「灰色の北壁」で新田次郎文学賞を受賞しています。最近では外交官織田裕二を主役としたアマルフィーシリーズなど、次々とヒット作を飛ばしている流行作家のひとりです。

ところで、作家って意外に儲からないらしいのですが、ご存知でしたか。

ついこないだ,芥川賞作家の柳美里さんが「貧乏の神様」という本を書いて内情を暴露していますが、それによれば原稿料と印税で優雅な生活ができるのは、作家の世界でもほんの一握りで二ケタの人しかいないそうです。

真保さんはもちろん原稿料と印税でかなりの収入を得ている数少ないブルジョア作家のひとりです。

本作品は、真保さんによれば、構想から30年、構想当時はアニメの仕事をしていて、その原作の題材として考えていたそうです。タイトルのレオナルドは、あのイタリア、フィレンツェの巨匠レオナルド・ダビィンチのことです。彼は1452年にフィレンツェのビィンチ村に生まれ、1519年にフランス王のフランソワ1世の庇護を受けていたアンボアーズ城の別邸にて67年の生涯を閉じています。

巨匠ダビィンチは「モナ・リザ」や「最後の晩餐」など絵画の世界で超一流の力を発揮していますが、それだけではなく、数学や天文学、医学、土木に軍事技術など様々な分野で天才ぶりをいかんなく発揮しています。彼は万能人と呼ばれ、その時代にすでに人体の解剖図やヘリコプター、飛行船や戦車などの設計図を作成したり、その成果をノートに遺していましたが、どういうわけかその多くは世間に公表していませんでした。

そのマル秘だったノートは、没後になって5000頁近くが見つかっており、現在も研究が続けられています。しかし、惜しまれることに1万頁くらいが紛失したとの話もあり、これらは、もしかしたら今もどこかの古い図書館や教会の倉庫に眠っているのかもしれません。

史実として、フランス革命後にイタリアに進軍した皇帝ナポレオン・ボナパルドは、どういう目的からか、当時レオナルドが300年前に遺したノートの一部をミラノの図書館から持ち去っています。これらの事実は、いろんな想像をかきたて本作品執筆のきっかけとなったそうです。

ということでストーリーですが、時は19世紀のヨーロッパ、フランス革命下のイタリア、主人公のジャン16歳は祖父とともに流れ着いた小さな田舎の村に暮らしていました。祖父とふたり、時計職人として時計だけでなく村のあらゆる器械の修理を引き受ける働き者でした。ジャンは手先が器用だけでなくアイデア豊かで、暇を見つけては、村長の息子ピッコロとともに彼らの秘密基地で、自ら設計した空を飛べる翼の制作に取り組んでいました。

そしていつか、レオナルド・ダビィンチが書いた翼のスケッチや設計図を、ミラノの古い図書館に見に行くことを夢見ていました。そんなある日、ナポレオンのフランス軍の兵士が、力づくでジャンの父の消息を尋ねてやってきます。ジャンの父コラードはジャンが幼いころ、ジャンには知らされていない理由で失踪していたのでした。

ジャンの一族は、実は、あのレオナルド・ダビィンチと同じビィンチ村の出身だったのです。

どうやらフランス軍はナポレオンの命を受けてレオナルドの失われた秘密のノートを探していたのです。そして、ジャンの父コラード失踪の理由はこの秘密のノートと関係していたのでした。

どうしてナポレオンはレオナルドの秘密のノートを手に入れようとしているのか。一方、ヴァチカンの手先とみられる謎の女も秘密のノート争奪戦に加わります。果たして、レオナルドの秘密のノートは存在するのか、それはどこにあり、何が書かれているのか。そのノートを手に入れたものは神にも悪魔にもなれる、という「夢と冒険の物語」です。

仮に映像化されたらと思うと、場面場面がワクワクしてきます。

あとがきまで入れて397頁の書下ろし。童心に帰って楽しんでください(了)。

過去のコラム

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ