弁護士中山の「私の一冊」

それでも3億円が当たってみたい。 (2015.4.7)

川村元気 「億 男」 マガジンハウス

 

川村元気さんの前作でデビュー作であるライン小説「世界から猫が消えたなら」は書籍になって70万部売っています。

川村さんは2001年に上智大の新聞学科を出て東宝に入社、会社員として劇場のチケットのもぎりをしていました。26歳の時、社内の企画募集に応募したところ、これが取り上げられ映画プロデューサーになります。この時プロデュースしたのが、あの「電車男」でした。興行収入37億円の大ヒットとなり、当時、社会現象にもなりました。

このほかにも彼がプロデュースした作品は「デトロイト・メタル・シティ」「そのときは彼によろしく」「告白」「悪人」「モテキ」「宇宙兄弟」「寄生獣」等その他たくさんです。

ちなみに本作品「億男」は2015年の「本屋大賞」にノミネートされています。

さて作品紹介です。借金が原因で行方不明となった弟のため、3000万円の負債を背負うこととなった主人公一男は、家庭関係がぎくしゃくして妻子に家出されてしまいます。一男は借金返済のために、昼は図書館司書として、夜はパン工場でひたすら働き続けます。ある日、別居中の娘との父子面接の帰り、老婦人からもらった福引券。1等はハワイ旅行でした。娘とともに引いたところ、4等の宝くじ10枚に当選。ハイ、ご想像のとおりこれが3億円の当選くじとなるのです。

1億円以上のラッキーな高額宝くじ当選者は、統計上は年間になんと500人以上出ている一方で、彼ら高額当選者たちは、その後、悲惨な人生を送っているとの統計があるそうです。  ネットでこれらの情報をつぶさに知った一男は、この3億円の使い道に思いあぐねていました。そしてふと思いつき、現金3億円を入れた鞄を手に大学時代に財テクで億万長者になっていた親友九十九に10数年ぶりに会いに行きます。  一男と九十九は同級生で落研に所属して落語をしていたのでした。

ちなみに3億円の現金ってどれくらいの重さと大きさになると思いますか。

1万円札1枚で1gです。1万札が3万枚で3億、ざっと30㎏になります。大きさも1万円札のサイズは16㎝×7.6㎝でこの100枚の塊100万が300個で3億ですから大きめの旅行カバンひとつで余裕で入ります。

さて3億の鞄を下げて、九十九の部屋を訪れた一男は、九十九から芸能人やきれいどころを集めてのどんちゃん騒ぎの歓迎を受けます。ところが、翌朝、目覚めてみると、3億円の入った鞄は忽然と九十九とともに消えていたのでした。

途方に暮れる一男は3億円を取り返すべく九十九を捜し、九十九のかつての知人たちを訪ねます。

九十九とは落研の仲間だったのですが、落語といえば、初心者がやる「寿限無」はご存知でしょうか。

自分の子どもに縁起のいい名前として付けたのが「寿限無、寿限無五劫の摺り切れ、海砂利水魚の水行末、雲来末、風来末、食う寝るところに住むところ、やぶらこうじのぶらこうじ、パイポパイポ、パイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助」という長い長い名前なのですが、こいつは呼ぶのにいちいち長すぎて困りますね。

それでは、「芝浜」って噺をご存知ですか。

この「芝浜」が九十九失踪の謎を解くカギとなります。

「芝浜」のあらすじをざっとお話しします。

魚屋をやっている旦那は根っからの酒飲みでした。酒ばかり飲んでいて気が向いたら仕事をするといった具合でした。ある晩飲んで帰り際に大金を拾って来ます。翌朝起きた旦那は件の拾ったお金をあてに人を集めてどんちゃん騒ぎをします。いざ支払う段になって、拾ったお金を出すようにおかみさんに言うと、おかみさんは「そんなお金なんてない、あんた夢でも見てたんじゃないの」と言われる。旦那は焦りながらも「お金を拾う夢を見るなんて情けない、お金はてめえで稼ぐもんだ」と、その日を境に心を入れ替えてまじめに働き始めます。そして時は流れ、まっとうになった旦那にご褒美として、おかみさんは拾ったお金のことは夢ではなく現実にあったことだったこと、そのお金は大切に仕舞っていたことを告げます。こういった内容です。

さあ、一男の九十九を探す30日間の旅の物語が始まります。

作中には千円札の野口英世は幼少時に貧乏だったけれど、のちに著名な医学者になった後は散財を繰り返したとか、5千円札の樋口一葉は「たけくらべ」で一流作家になって、24歳で肺結核で亡くなるその瞬間まで借金に苦しんでいたとか、1万円札の福沢諭吉は「貧富の差は生まれながらのものではなくて、学問の有無による」と言ったとか、喜劇王として富豪となったチャーリー・ーチャップリンは「人生に必要なもの。それは勇気と想像力と、ほんの少しのお金さ。」という名言を残したとか、過去の偉人の金に関するエピソードがたくさん出て来るのも読んでいて楽しめました。

わずか243頁です。もちろん、本作品も既に映画化が決定しています。映画が公開される前に読んでみてはいかがでしょう(了)。

過去のコラム

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ