弁護士中山の「私の一冊」

裁判員裁判について勉強しよう  (2015.2.17)

法坂一広「最終陳述」 宝島社

 

  法坂さんといえば、ご存知の方はご存知、京都大学出身、福岡の現役弁護士です。ついでに、フルマラソンにも裸足で出場しているアスリートです。御年41歳の独身です。もちろん本職は弁護士ですが、作家デビューしてからは、それまで所属していた事務所からは独立して現在は一人で気ままに事務所を構えています。

  彼は「弁護士探偵物語 天使のわけまえ」で宝島社のこのミステリーがすごい大賞を受賞して作家デビューしました。第2作も弁護士探偵物語シリーズで「完全黙秘の女」というタイトルでした。もちろん登場する主人公の弁護士は同一人物、ご自身を想定されて書かれているのでしょうか。言い回しがしつこいくらいのハードボイルドものでした。

  今回は第3作となりますが、弁護士探偵シリーズからは外れました。ハードボイルドでもなくて、登場人物も一新していますが、舞台はここ福岡ですので、われわれ福岡在住組には知ってる地名や場所が出てきてなじみやすいです。内容は裁判員裁判を扱った法廷ミステリーとなっています。

  本件のテーマとなっている裁判員裁判について説明しておきます。
刑事裁判では、国民の司法参加が実現した裁判員裁判制度ですが、たとえば窃盗事案や覚せい剤の自己使用事案などの事件は、現在も従前と同じようにプロの裁判官が単独で裁判を担当して裁いています。
しかし、刑事裁判のうち罪名が殺人、傷害致死、強盗致死傷、現住建造物放火、身代金目的誘拐など、被害者の生き死に関わるような一定の重大事件については、裁判員裁判によって刑事裁判が行われるようになりました。

  裁判員裁判ではプロの裁判官3名と、市民から無作為に選任された6名の裁判員の合計9名で合議による法廷を構成します。そうして、この9名の多数決で、事件の被告人の有罪無罪を決定し、有罪の場合は、被告人に対する刑罰を死刑にするとか、懲役20年にするとか決定することとなるわけです。

  裁判員裁判は、裁判について素人が加わることによって、有罪無罪の事実認定が甘くなり、また従前よりも量刑が重くなったのではないかと言われるなど、批判的な意見も多くあります。

  アメリカの陪審制度とは、刑事裁判に素人が加わるという点においては似た制度ですが、最も異なるのはアメリカの陪審制度は、有罪無罪を決めるだけで、刑期は裁判官が単独で決めるということ、また、陪審では無罪判決が出れば、これを上級の裁判所において争うことができずに即刻確定しますが、日本の裁判員裁判では一審で無罪判決が出ても控訴審の高等裁判所においてそれが有罪となることがある点です。そんな裁判員裁判は、複雑な大事件であっても集中審理によって裁判が始まってから判決までの期間が短くなりました。

  さて、本題に戻って作品紹介です。

  シーンは刑事裁判の法廷です。詐欺的商法て金儲けをしている会社の経営者とその愛人が会社事務所において殺され現金が強奪されるという強盗殺人事件が発生しました。犯人とされる被告人は、容疑を全面的に認め反省を示しますが、検察側の求刑は死刑を求めるものでした。これに対して、弁護側による最終陳述が今まさに始まろうとしていました。

  するとそのとき突然、法廷内の傍聴席から若い男が

「その人は犯人ではありません、殺したのは私です」

と大声で叫びました。えっ、この裁判、一体どうなるの、という具合で物語は始まります。

  警察、検察の立場、弁護士の立場、裁判所の立場をそれぞれが守ろうとする観点から、それぞれの利害が異なり、つまりうちは失態はしていないと自らの保身を図ろうとします。

  被告人は果たして冤罪なのか、だとすれば、被告人はどうして事実を争わなかったのか、だれが冤罪を生んでしまったのか。そのあたりの機微がとても面白く描かれています。

  さて、事件の真相は、判決は一体どうなるのでしょうか。といった感じで楽しむことができます。

  最後に、法坂さんは同じ福岡の弁護士ですから知らない仲でもないので、先日、先輩弁護士であることを利用して、私から法坂さんに電話してお話を聞いてみました。

  彼曰く「今回の作品は出版社からは重厚な法廷ミステリーを書いてほしいとだけ言われ、それを念頭に執筆したこと」
「裁判員裁判についてはいろいろ言われているが、裁判員裁判のしくみについて皆様に知っていただきたかったこと」
「裁判員に興味のある方は是非読んでいただきたい」とのことでした。
もちろん「小説書いていくら儲かってますか」
なんて無粋な質問はしませんでした。はい。

  351頁です、一気に読んでみてください(了)。

過去のコラム

(91)  死神って本当は天使だったの?
「知念実希人 優しい死神の飼い方 光文社文庫」 (2017.10.16)

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ