弁護士中山の「私の一冊」

原爆も原発も技術は同じなんですね (2013.10.29)

「日本の原爆 その開発と挫折の道程」保坂正康 新潮社

 

  第2次大戦中,日本でも極秘に原爆の開発がなされていたことをご存じでしたか?

  1938年12月,ドイツの原子物理学者オットー・ハーンとフリッツ・ストラスマンが一大発見をしました。彼らは実験によって,ウラン235の原子核に中性子を当てると核分裂を起こし,巨大なエネルギーが生まれることを発見したのでした。
  この自然法則はすぐに軍事利用されることになります。アメリカではマンハッタン計画により,かのアインシュタインやオッペンハイマーら原子物理学者を中心として秘密裡に開発がすすめらます。砂漠の町ニューメキシコ州のロス・アラモスに二つの巨大な実験場と50にも及ぶ中小工場を備え,ここに最大12万5000人もの従業員を投入して,砂漠の町で実験を重ね満を持して原爆を完成させたのでした。核分裂エネルギーが発見されてわずか6年余りのことです。
  1945年8月6日,北マリアナ諸島テニアン島を飛び立ったアメリカ軍爆撃機「エノラゲイ」は,同日午1前8時15分30秒,人類史上初めて人間に対して原爆を投下します。この広島に投下された原爆はただの一発で,火薬2万トン分の威力,10トン爆弾をまとめて2000個投下したのと同じ威力があったといわれています。まさに,マッチ箱ひとつのウランで大都市を吹き飛ばす威力があるとされる所以です。
  1939年ににはじまった第2次世界大戦,さまざまな兵器が実戦で使用されていますが,ドイツ,アメリカ,ソ連では競って原爆開発に着手しています。イギリスは同盟国アメリカの支援として,敵対するドイツの原爆開発を妨害するために関連工場を爆破したり,ドイツの物理原子学者を暗殺しようとすらしています。

  そんな中,日本でも軍部では海軍ニ号研究と陸軍F号研究としてそれぞれ別々に開発に着手されました。海軍のスタッフは後にノーベル物理学賞を受賞する湯川秀樹属する京都帝大荒勝研究室,陸軍は東京の理化学研究所の仁科研究室でした。
  さて,原爆はどうやって製造されるかですが,簡単に説明しますと,まずウラン鉱石を遠心分離器にかけ,あるいは熱を加えたりして,酸化ウランやガス状の6フッ化ウランに変えます。ここからウラン235を抽出するのですが,この過程には膨大な工場,作業員,設備が必要となります。こうして抽出されたウラン235を濃縮化します。この過程は放射能に注意を払うなど危険極まりないのですが,日本の軍部は全く理解しておらず,研究者の理解も深いものとは言えませんでした。当時,そもそも日本では原料となるウラン鉱石そのものが見つかっていませんでした。それでウラン鉱石確保のため,同盟国ドイツから鉱石1トンをUボートで輸送しようとしますが,その途上アメリカの潜水艦により撃沈されたというエピソードすらあります。ですから,日本の原爆は実は,敗戦に至るまでウラン235を抽出するどころか,具体的な実験にも至っておらず,その実体は基礎研究の域を出ていなかったのです。しかし,日本の科学者たちは,原爆を製造することは技術的に可能として,研究を継続することを名目として軍部から莫大な予算を引き出していたのでした。ちなみに軍部は国内で必死にウラン探しをしますが,皮肉なことに福島県石川町にウランがあるとされ,終戦の玉音放送のそのときまで学徒によるウラン採掘が継続されていたのでした。
  ところで,広島に続き長崎への原爆投下まで,75時間ありました。この間,長崎への原爆投下は避けられたのではないか,本書はこの点についても触れています。
  敗戦により日本の原爆に関するすべての研究は中止されます。その後,巨大なエネルギーを生む原子力は発電という平和利用へと変貌を遂げていきます。そしてスリーマイル,チェルノブイリ,福島原発事故の発生。果たして人類は原子力というエネルギーを安全に管理できるのでしょうか。原発立国といわれる日本の原子力の歴史を問う「極秘研究」の全貌が明らかになります。
 著者はノンフィクション作家。1939年生,同志社大学文学部卒業。電通,朝日ソノラマ社を経て1972年,三島由紀夫事件を扱ったノンフィクション「死なう団事件」で作家デビュー,昭和史を語り継ぎ会主宰(了)

過去のコラム

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ