弁護士中山の「私の一冊」

昭和64年 (2012.12.4)

横山秀夫  「64(ロクヨン)」 文藝春秋

 

  明治生まれの人で現在ご存命の方は,明治,大正,昭和,平成と天皇4世代に生きて来られ,現在100歳を超えておられることになります。凄いことですよね。私は,昭和34生まれで新人類世代といわれましたが,これからがんばって長生きしたとしても3代が限度でしょうか。

  大日本帝国憲法上,「天皇は神聖にして侵すべからず」「統治権の総覧者」と規定され現人神であった昭和天皇は,敗戦後はGHQから人間宣言をさせられて,日本国憲法の下,「国民統合の象徴」となりました。昭和天皇は天皇として最長となる62年余り在位しましたが,昭和64年1月7日87歳で十二指腸せんがんにて崩御。元号は翌1月8日から平成と改められました。昭和64年はわずか7日間で終わったのでした。この7日間を覚えておられるでしょうか。この7日間には天皇崩御を除き,これといった重大な事件は起こってはいないようです。

  唐突かつ全く不遜で申し訳ありませんが,1月7日昭和最後の日,私はいつものように夜,中洲にいましたが自粛でお休みの店が多くて困ったのを良く覚えています。

  今回ご紹介する「64ロクヨン」は昭和64年のことを指しています。

  横山さんの警察小説は定評がありますが,今回のロクヨンもすごいです。

  さて,ストーリーです。横山さんの以前の作品にも登場したD県警が舞台です(ちなみに「D」はドラえもんのどこでもドアの「D」なんだそうです)。遡る昭和64年1月5日,D県で近所のおじさんの家にお年玉をもらいに出かけた7歳の少女翔子ちゃんが何者かにより誘拐されます。事件は初動捜査のミスもあり,犯人に身代金2000万円をまんまと奪われ,翔子ちゃんは無惨な死体となって発見されます。翔子ちゃんは誘拐されて間もなく殺害されていたことが判明します。しかし,万全かつ必死の体勢で組まれた捜査布陣に拘わらず,犯人は不明のまま時は経過します。そして,事件未解決のまま今は平成14年,公訴時効完成まで1年足らずとなります。この事件はD県警史上最悪の未解決事件となり,警察関係者の間では昭和64年の数字をもじって「ロクヨン」という符牒で呼ばれることとなります。そんな折,警察庁長官によるD県警視察が1週間後に決定され,マスコミ用に長官のロクヨン被害者遺族慰問も計画されます。しかし,慰問の打診に対して遺族は,どういうわけかこれを拒絶します。

  一方,D県警内部では長年にわたり本庁キャリア直轄の警務部と地元県警組織内で独自路線を歩む刑事部とが対立していました。ばりばりの刑事畑を歩んできた主人公三上警視は,人事異動で刑事ラインを外されます。それもどういうわけが反対勢力である警務部秘書課広報官に転属されてしまうのでした。失意の中,三上はいつか刑事に復帰する決意を秘め広報の仕事に専従します。そして,旧来,警察がマスコミに対して行ってきた情報操作を見直そうと決意します。すなわち,公正な開かれた警察発表とは何かを模索しはじめるのでした。折しも,三上は交通事故による死亡事件を巡って,加害者及び被害者の匿名報道について,県警付報道各社と対立していました。そこへとんでもない事件が発生します。

  その事件とは?
   果たして警察発表に真実はないのか?
   刑事部と警務部の狭間に立たされた三上はどう出るのか?
   ロクヨンは時効となってしまうのか?
   予想外のどんでん返しの中身とは?

  私は読む前,警察小説ですから何かしらミステリアスな事件が起こって,まあ今回で言えば誘拐事件ですが,その謎解きがされるまでの過程が語られるということを普通に予想していました。そこは横山さんですからどんな背景設定や人間模様を絡ませるのかな,なんて期待を抱きつつですね。しかし,読みすすめると,予想外にそうではなくて警察組織内の覇権争いが軸となっていて,どこもかしこもつまらん縄張り争いかい,ちょっとがっかりていうか,退屈になってきました。しかしです。終盤に向けて,ちょって待って,えっ,この段階でこんなのあり,残り紙面が足らないんじゃない,ありえんやろうこれ,すごい,これほどまでのどんでん返しは読んだことがない,とまあ,とてもいい作品でした・・・満足です。

  書き下ろしの647頁,久しぶりに睡眠不足になってください。

  作者の横山秀夫さんはもと地方新聞の記者で,91年に「ルパンの消息」で34歳作家デビューです。新聞記者の現役時代にあの日航ジャンボ機墜落事故を現地取材し,その凄惨な体験をもとに書いた「クライマーズ・ハイ」も傑作でした。同作品をはじめ多くの彼の作品がテレビや映画化されています。

  もう10年前になりますが,横山さんが2002年に発表した「半落ち」が「このミステリーがすごい大賞」を受賞,翌年直木賞候補の本命になりましたが,選考委員から小説中,重要な鍵となる部分について現実にはありえないとの判断が下されて落選しました。横山さんは異を唱え,直木賞に対して訣別宣言しました。ちなみに後日,作品中のありえないとされた鍵の部分については,横山さんの記述が正しかったことが判明しました(了)。

過去のコラム

(91)  死神って本当は天使だったの?
「知念実希人 優しい死神の飼い方 光文社文庫」 (2017.10.16)

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ