弁護士中山の「私の一冊」

自衛隊って軍隊? (2012.11.8)

「空飛ぶ広報室」有川 浩  幻冬舎

 

  本作品は,自衛隊を舞台としたラブコメディです。

 

  我が国の自衛隊はどこからどう見ても軍に匹敵する戦力を備えています。しかし,戦後マッカーサー私案のもとに制定された平和憲法第9条は「陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない」と規定しています。なので,自衛隊は軍隊であってはなりません。軍という言葉はタブーです。軍のかわりに自衛隊の自という文字をつけて,陸海空軍に対して,陸上自衛隊は陸自,海上自衛隊は海自,航空自衛隊は空自と呼ぶわけです。

 

  正直,反平和的な軍隊として国民には否定的に映る自衛隊ではないでしょうか。

 

  それでも,防衛省は専守防衛を標榜し,国民の理解を得るために広報室を設けています。そして,多額の国家予算を割いて,映画やテレビに協力して国民に親しみやすいようにPRしていたんですね。映画やテレビで映し出される自衛隊によるヘリや戦車,戦闘機,あるいは砲撃シーンご存じですよね。あれは実は,制作するテレビや映画会社のリクエストに応じて,なんと無償の経費自衛隊持ちで出演協力されているんですね。テレビのワンシーンのためにヘリを一度飛ばすだけでも莫大な経費がかかることを考えると大変なことですよね。

 


  さて,作品です。主人公は空自の花形ブルーインパルスのパイロットを目指して入隊した空井大介です。彼は入隊して5年,順調に戦闘機のパイロットになり,29歳にして夢が叶い,曲芸飛行を行うブルーインパルス隊員としての内示をもらいます。そんなある日,不運にも,彼には何らの落ち度のない交通事故に巻き込まれ,右足を負傷します。その怪我も日常生活には支障のない程に回復します。しかし,F-15を駆る戦闘機パイロットである彼の職務を全うするには到底足りませんでした。結果として,彼はパイロットの資格剥奪となり,事務職へと転属となります。

 

  そうして夢たたれた空井に命じられた異動先は市ヶ谷の防衛省本省の航空自衛隊航空幕僚監部広報室でした。広報室で待ち受けるのは、ミーハー室長鷺坂、いつも尻をぽりぽりかくいわくありげな美人の柚木、室長のファンクラブを自称する槙と片山に、空井の指導役でベテラン広報官の比嘉でした。

 


  空井が担当することとなったのは空自PRのためのテレビ局との連絡窓口。一方,テレビ局側を担当するのは意に反し報道記者から番組ディレクターへと配転され,これまた失意にある美人稲葉リカ。彼女は,自衛隊を軍隊と疑わず,何の理解もありませんでした。空井は,意欲的に空自のPRのためテレビ番組を使った企画立案を,リカは無気力ながら空自を密着取材して番組制作を目指します。そんな2人は,何かにつけてぶつかります。ぶつかり合いながらも周囲に支えられ次第に成長していくふたりは,やがて惹かれ合うことになりますが・・・。

 


  なお,本作品は連載もので2011年の初めには完成し,夏に単行本として出版される予定でした。しかし,折しもその準備中にあの3.11大地震が起こりました。ご存知の通り,空自の松島基地も地震に被災して,空港は津波に巻き込まれました。現地のニュース映像で戦闘機がぷかぷか流されていたのを目にされた記憶はまだ新しいかと思います。それで,急遽出版を延期して,あの日の松島基地や震災現場での自衛隊の活動を小説仕立てで盛り込んで,今年の7月の発刊になりました。本作品中,特にあの日の松島はノンフィクションであり,それだけに圧巻で,誰もが感動せざるをえません。

 

  ちなみに震災当時,ブルーインパルスのベースは松嶋基地でしたが,不幸中の幸いで被災しませんでした。たまたま,前日3月10日,九州新幹線全線開通祝いのセレモニーとして,九州で曲芸飛行しており,福岡の芦屋か築城基地あたりに駐機していて難を免れたということです。

 


  最後に自衛隊各隊には,ホントかいなと思わせるような笑える4字熟語による信条があり,それをご紹介します。空自は,勇猛果敢・支離滅裂,陸上は用意周到・動脈硬化,海が伝統墨守・優雅独尊,統幕本部が高位高官・権限皆無,内局が優柔不断・本末転倒です。さていかがでしょうか。ハードカバーの462頁。この一冊で,あなたも自衛隊に対する印象が変わること請け合いです。

 


  作者の有川浩さんは1972年高知生まれの40歳女性です。名前は浩と書いてヒロと読みます。名前の記載からよく男性と間違われるようです。かく言う私もヒロシ,男だと思っていました。ネットでライトノベルを扱う電撃文庫から10年前にデビューしました。著名な作品としては,先頃映画になった阪急電車とか,図書館戦争とかですが,ジャンルとしてはラブコメディが主体です。あとどういう訳か自衛隊を扱ったものが多いです。

過去のコラム

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ