弁護士中山の「私の一冊」

料理に身を尽くす (2010.6.7)

高田 郁(たかだ かおる)みをつくし料理帖シリーズ
「八朔の雪」「花散らしの雨」「想い雲」 ハルキ文庫

 

  ほとんど毎日お酒を飲みます。飲まないのは体が降参する日が年に数日,飲めない日です。二日酔いをしても朝からジムに行って汗を流せば,大抵昼くらいには人並みになって,夕方には「とりあえずビール」となります。二日酔いするほど過ぎた日には愚行が多く「あの一杯で止めておけばよかった」「また馬鹿なことをやってしまった」とか「たら,れば」の後悔をします。「泥酔の翌朝における白々しい悔恨は・・・夜においての恥ずかしいこと,醜態を極めたこと,みさげはてたること,野卑と愚劣の何物でもないような記憶の再現は,砒毒の様な激烈さで骨の髄まで紫色に染色する」(荻原朔太郎)ご同輩もいるようです。

  さておき,食事をしながら飲むのは,ビール,日本酒,焼酎,ワイン(これらを食中酒といいます),何でも行けます。食後には古いシングルモルトのスコッチウィスキーをちっちゃなストレートグラスにすこっちあれば満足です。ちなみにヨーロッパ貴族の食後酒といえば,スコットランドで作られるシングルモルトのスコッチウィスキー(マッカラン,山崎などがこれ)です。一般にウィスキーといわれているのは数種のモルト及びグレーンが混合されたブレンデットウィスキー(ジョニーウォーカー,響などがこれ)のことです。話しはずれますが,マッカランがあれほど芳醇にフルーティーな香りがするのは,仕込む(寝かせる)樽に使い込まれたシェリー酒の樽が使用されていたからといわれています。

  ところで,悪天候等により,シングルモルトの原材料となる品種麦が凶作で確保できないことがありました。そうなればその年はその特定のモルトウィスキーは仕込むことができない→飲めないことになるわけです。そこで酒飲みは考えました。こうして複数のモルトとグレーンをブレンドすることにより安定的な旨さを作ることに成功したのです。ちなみにブレンドされるモルトとグレーンのレシピは企業秘密で数十種類にも及ぶそうです。葡萄を蒸留したブランデーも同じようにシングルモルトに代わる食後酒として考案されたものでした。 先の食中酒はそれなりにどんな料理にも合います。もちろん,多くはないけれどぴったり来たり来なかったりの肴もありますが。例えば,ワインに湯豆腐が合わないとか,ホタルイカの沖漬け,焼味噌とかは日本酒にぴったり合いますよね。日本酒はその日の気分で冷やか熱燗か決まります。

  江戸時代の酒といえば,冷やの濁り酒(どぶろく)でした。庶民にまで清酒が広まるのは江戸中期に至ってのことで,清酒といえば熱燗です。酒を飲む処は料理屋になりますが,蕎麦屋が主流でまさに現代の居酒屋でした。現在でも夜になると肴が充実する名物蕎麦屋があるのはこの名残なのです。今も昔も酒は肴次第に変わりありません。

  さて,本作品の紹介です。著者は中央大学法学部出身の女性で,私と同じ歳。97年にコミック雑誌の原作者としてデビュー,小説家として認められたのは,この「みをつくしシリーズ第2巻花散らしの雨」でのことです。

  主人公は18歳の女性料理人澪(みを),舞台は江戸神田御台所町,連作料理時代小説です。澪は幼いとき,幼馴染みの野江の相を観に来た著名な易者水原東西から,「雲外蒼天」の相であることを告げられます。曰く「可哀相やがお前はんの人生には苦労が絶えんやろう。これから先,艱難辛苦が降り注ぐ。その運命は避けられん。けんど,その苦労に耐えて精進を重ねれば,必ずや真っ青な空を望むことができる。他の誰も拝めんほど澄んだ綺麗な空を。ええか,よう覚えときや」。まさにこの易者が予言したごときの物語が展開することになります。まもなく,故郷大阪淀川の水害で両親を亡くし,途方に暮れているところを料亭「天満一兆庵」のご寮さん(奉公先の女将さんのことを大阪ではこう呼ぶそうです)に拾われます。澪は女衆として奉公に上がり,一から調理の腕を仕込まれ10数年。澪の舌は特別でした。天満一兆庵は江戸に支店を出し若旦那が仕切りますが,大阪本店が近隣からのもらい火により焼失してしまいます。大旦那,ご寮さん,澪の3人は江戸の若旦那のもとを頼るのですが,既に江戸店は人手にわたっており,吉原で遊び惚けて店を潰したとされる若旦那は行方不明に。壁と大門に囲われていた遊郭吉原での粋な遊び方,そのしきたりなどには興味深いものがあります。常に性病に悩まされていた遊女たちの平均寿命は22歳足らず,太夫(たゆう),花魁(おいらん)などの階級がありました。3人は必死に若旦那を捜しますが,失意の中で大旦那は衰弱死。澪は病弱のご寮さんと長屋暮らしで若旦那を捜す生活に。澪は生活のため蕎麦屋「つる屋」を手伝いますが,その腕を見込まれ,蕎麦屋を料理屋に変えて店を任されます。江戸の人にはなじみの薄い上方料理を江戸向きにアレンジして腕を振るい,次第に澪の料理は評判となり,栄えある料理番付に格付けされるまでになります。そんなある日,彼女の腕を妬んだ料理番付横綱の名料理屋「登龍楼」が澪の料理を模倣するなど非道な妨害を仕掛けてきます。下町の長屋の隣人,澪が恋心を寄せる料理に詳しい謎の侍小松原,吉原にも顔が利く名医源斉,常連客の流行戯作者清右衛門などの人物が人情深い人間模様を織りなします。最後に,件の野江は,先の易者に天下取りの「旭日昇天」の相と言われていましたが,水害以降行方知れずになっていました。ところが,澪はそんな野江の消息を意外なところで知ることになります。

  一気に読みたくなるシリーズ3冊です。私はいつものようにベットで睡眠薬代わりに第1巻の「八朔の雪」から始めました。だのに朝まで眠れず,2日間で3巻読まされてしまいました。シリーズは3巻で完結なのか明らかではありませんが,内容的に4巻5巻と続きそうな気配です。それを熱望するのが私だけではないことは,読んでいただければわかるかと思います。巻末付録に澪の創作料理のレシピがあります。どうぞ3冊そろえてから美味しくお楽しみください(了)。

過去のコラム

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ