弁護士中山の「私の一冊」

人類はいつ突然変異するのか (2012.4.17)

高野和明 「ジェノサイド」 角川書店

 

  本作品は,書店員が選ぶ2011年のミステリーのベスト1となりました。作者の高野さんは,もともと映画監督志望で,あの岡本喜八さんの門下生だったんです。1964年東京都出身でロサンジェルス・シティ・カレッジの映画科を中退したのち,映画家をめざして脚本家に,そして2001年,死刑囚のえん罪を扱った「13階段」で江戸川乱歩賞を受賞して作家として本格デビューしました。そういう経歴からか,映像をイメージした表現が巧く,実際執筆にあたって映像資料としてDVDを見たりされるそうです。

 

  さて,本作品のストーリーです。
  アメリカNSAは大統領に対する定例報告においてアフリカに突然変異による新種の生物が出現し,この生物が繁殖した場合,全人類が絶滅の危機にさらされる可能性があるとの報告をします。これに対して,大統領は,この綿密な調査を命じます。こうしてアフリカでひとつのストーリーが動き始めます。
  シーンは移って日本,大学院で新薬の開発を研究している古賀研人。その研人の父が突然死します。亡くなった父は,ウィルス研究に従事する著名な大学教授でした。ところが父の葬儀を終えて,日常生活に戻った研人のパソコンに,死んだはずの父からメールが届きます。そこには,「アイスキャンディで汚した本を開け,このメールのことは母さんを含め誰にもいわないように。」と暗号めいた指示が記載されていたのでした。研人は子どもの頃の記憶をたよりにその本を開きます。そして,その本からメモとノートパソコンをみつけ,さらに父の秘密のアパートに導かれます。アパートは,父の研究分野であるウィルスの有機合成を行う実験室だったのです。アパートには父から研人へ宛てた手紙が残されており,研人は秘密裏に父の研究を引き継ぐことを余儀なくされます。父は,一体何を研究していたのか。研人はこの日を境に身の危険を感じるようになります。
   一方,かって,アメリカ陸軍特殊部隊に属し,今はイラク,バクダットの危険地帯で傭兵をしているイェーガーのもとに,トップシークレットの任務が高額報酬にてオファーされます。ミッションは,イェーガーをリーダーとしてたった4人で,エボラ熱がまん延するアフリカはコンゴに潜入して,非武装のある一団のターゲットを抹殺すること等でした。折しも彼には難病で死に瀕し最高の医療を必要とする息子がおり,その治療費捻出のために,この特殊任務を引き受けます。しかし,ミッションには国家レベルでの陰謀が隠されていたのでした。
  アメリカ,日本,コンゴで別々に動いていたストーリーがやがてひとつの点となって交わります。研人とイェーガーが巻き込まれた陰謀の裏では,人類規模でその命運が左右されようとしていたのでした。

 

  と,ストーリーにかなり深入りしてしまいましたが,ここまでにしておきます。いかがでしょうか。まさに,世界を股に掛けたグローバルなノンストップ冒険ミステリーとでもいいいましょうか。 人類のミステリーに絡むサイドエピソードも私の知識欲を十分に満たしてくれました。
  タイトルのジェノサイドとは,虐殺とか特定の集団を抹殺することを意味しますが,本作ではどのようなことを示唆するのか,それは読んでのお楽しみです。

 

  実は,本作品は作者が二十歳頃に読んだ立花隆さんの「文明の逆襲」に書かれていた生物進化の可能性からヒントを得たんだそうです。構想から数十年の時を経て,具体的に準備に入って完成までには2年半。参考資料として書籍200冊,映像情報としてDVDが10数枚等,緻密に取材を積み上げた上での作品です。
  是非,映画化して欲しいもんですが,映画化には,壮大な殺戮シーンなど映像化するのが困難なところもありますが,つい期待してしまいます。なお,本作品で山田風太郎賞を受賞しています(了)。

過去のコラム

(91)  死神って本当は天使だったの?
「知念実希人 優しい死神の飼い方 光文社文庫」 (2017.10.16)

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ