弁護士中山の「私の一冊」

元気の出る痛快娯楽作品です (2011.8.25)

池井戸 潤  「下町ロケット」 小学館

 

  読者の皆様お久しぶりです。6ヶ月の充電期間を経ての執筆です。あれから6ヶ月の間に,いろいろ何かあったわけもなく,変わらずその日暮らしをしていました。

  動きがあったといえば,現在,私の一冊はラジオ出演しています。ことの次第は以下のとおりです。

  私は毎朝ジム通いをしているのですが,ジムでマシン相手に走るときは,マシンの書見台に本を載せて,走りながら読書しています。休憩を挟んで1時間は走りますので,ハードカバーで100頁くらいは読めます。ジムの朝は大体いつもの変わらないメンバーがいますが,私は人見知りするので,誰とも言葉を交わすこともなく,この2年間特に誰ともお話しする機会もなく,たくさんの本を読んできました。そんなある朝のこと,顔を合わせば挨拶程度を交わす仲の70を超えたと思われるいつもの白髪のお洒落なおじいさんから声を掛けていただいたのでした。「何を読んでいるんですか」と・・・。当然,読書談義がはじまり,話しのついでに私のこのコラムのことをお話ししましたところ,それも見ていただいて,話に花が咲きます。そのおじいさんがおっしゃるには,「私の番組に出てみませんか」と,えっ,???。ちなみに職業として私が属しているのは法曹界です。そのおじいさんは地元放送界に属し,師匠と呼ばれてかの有名な,栗田善成さんだったのです。知らなかった非礼をお許しくだされということで「はい,いいですよ。」と,こんなひょんな縁でラジオに進出です。  番組は,KBCの平日お昼12時からオンエアされている「まいど栗田商店です」。私は,隔週木曜日の12時半過ぎくらいから約10分間の枠で生出演しています。「本日の棚卸し」という枠ですが,その名も「弁護士中山の私の一冊」です。次のオンエアで4回目ですが,明日8月25日の12時半過ぎくらいからです。いつ打ち切りになるのか全く未定ですが,趣味で出演しているものですので何ら問題ありません。お暇のある方は,是非どうぞ。

  さて作品です。本作品は第145回の直木賞を受賞しました。

  文学賞にはほかに,純文学の新人に与えられる芥川賞をはじめとして,サスペンスの登竜門である江戸川乱歩賞やらいろんな賞があります。直木賞は,43歳という若さでなくなった直木三十五という作家を記念して,1935年,当時,親交の深かった文芸春秋の社長菊池寛が芥川賞とともに設けた文学賞です。現在は,年に2回,中堅作家の大衆作品の中から最優秀を選考して受賞し,正賞として懐中時計,副賞として賞金100万円が送られます。この賞の特徴としては,作家による応募形式ではなく,既に発表されている作品の中から,候補作品が出版社により選出され,これを9名の名のある作家さん(浅田次郎,伊集院静,宮部みゆき,林真理子,渡辺淳一ら)からなる選考委員会によって選出するということです。そして,栄えあるノミネート作品の作家さんは受賞決定当日,一日千秋の想いで,出版社の担当者とともに,当落の結果の連絡をひたすら待たなければなりません。受かれば天国で祝勝会気分で飲み歩きですが,滑ったら滑ったで残念会で酔いつぶれです。何度もノミネートされては落ちるという経験を繰り返すと,その過程が嫌で嫌で,俺はもう直木賞なんて要らないというというのであれば,はなからノミネートされるのを辞退することができます。過去ではあの映画化もされた「ゴールデンスランバー」の伊坂幸太郎さんが辞退していることで有名ですね。

  ところで「下町ロケット」の作者の池井戸さんは凄いですよ。慶応大学卒業後,都市銀行に勤務,転じて経営コンサルタントの傍ら,作家を志望して98年に銀行小説である「果つる底なき」でいきなり江戸川乱歩賞受賞で,作家デビュー。その後,いわゆるゼネコンの談合を扱った「鉄の骨」で吉川英治文学新人賞まで受賞します。今回の直木賞で名実ともに実力派流行作家の仲間入りです。

  下町ロケットです。ストーリーはこうです。その名のとおりロケット,宇宙ロケットを作るんです。主人公は下町の町工場佃製作所の社長佃航平です。航平はもと,国のロケット開発プロジェクトにエンジン開発の技術者として携わっていました。ところが,100億円をかけた種子島宇宙センターでの実験衛星打ち上げに失敗,その責任を取って職を辞し,東京の下町で町工場を経営する父親の跡を継ぐことになります。佃製作所,資本金3000万円,従業員200名,年商100億の町工場とはいえ,精巧な技術力を持って小型エンジンとその関連部品を製作していました。ところが,巨大企業ナカシマ工業から特許訴訟を吹っ掛けられます。佃製作所のエンジンがナカシマの特許権を侵害しており,90億円もの損害賠償を求められたのです。訴訟に巻き込まれる中,エンジン関連の売り上げは落ち込み経営危機に陥ります。しかし,実はこの訴訟にはウラがあったのです。その真の狙いとはなんなのか,巨大企業とその顧問弁護士が組んで仕掛けるダーティーかつ巧妙な手口には,本当にこんなのありかと興味深いものがあります。対する佃製作所も守るだけではありません,特許専門弁護士を立てて,逆に訴訟を起こし,訴訟合戦の様を呈します。まずはこの訴訟の顛末だけでも十分楽しめます。

  さて,そんななか,国から民間委託を受け大型ロケットの製造開発を一手に引き受けていた帝国重工業が開発するロケット部品であるエンジンバルブのノウハウが,既に航平が開発した特許として登録されていたことが判明します。つまり,帝国のロケットは航平の特許がなければ飛ばないのです。帝国重工業は,佃製作所のちっぽけなエンジンバルブの特許権に20億円の値を付けて譲渡の申し入れをします。航平は,会社の窮地のなか,その建て直しのため,これを受け容れるのか。この巨額のオファーを巡り,佃製作所は賛否両論,ちょっとした内部紛糾が起こります。そして,やがて会社にも幸運の女神が微笑みます。

   果たして,航平の夢を乗せた帝国重工業の国産大型ロケットは飛ぶのか。打ち上げはまた失敗してしまうのか。ストーリーの展開が小気味よく,例えば,それまで佃製作所の経理状況に不安を示し,融資を断っていた銀行が,一転して融資を持ちかけて来るのを,逆に航平が一蹴してしまうシーンなんてのは痛快の一言です。ついつい引き込まれてしまいます。

  なお,本作品は,WOWOWで連続ドラマ化しており,全5回で去る8月21日の日曜に第1回が放映されています。キャスティングは,主役佃製作所の社長が三上博史で,対する帝国重工業の開発部長に渡辺篤郎,佃製作所をバックアップする特許弁護士に寺島しのぶです。

  東日本大震災後,落ち込んでいる中小企業に夢を与えるドラマ,オススメの一冊です。

過去のコラム

(91)  死神って本当は天使だったの?
「知念実希人 優しい死神の飼い方 光文社文庫」 (2017.10.16)

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ