弁護士中山の「私の一冊」

ハードボイルドミステリー,極上の娯楽作品です (2011.2.15)

スティーヴン・ハンター「蘇るスナイパー」(上)(下)扶桑社ミステリー

 

  誰しも子どもの頃は射撃が好きで,祭りといえば出店に繰り出し,子どもにはずっしり重いコルク銃で射的をして景品をめざしましたよね。モデルガン,空気銃,時は移り,現在はBB弾なる強力な空気銃が出回るようになりましたが,日本では銃器規制が厳しいだけに,身の回りといえば,お巡りさんが本物の拳銃を所持していますが,銃は常に憧れです。女の子は違うのかもですね。

 

  アメリカでは,200年も前(西部劇の時代ですね)から合衆国憲法修正第2条において「・・・市民が武器を保有し,または携帯する権利はこれを侵してはならない」と規定して,市民は拳銃からライフルまで幅広く銃器を所持する権利が保障されています。これに基づきアメリカでは全米ライフル協会という圧力団体のもと,銃器所持の禁止運動は拡がりを見せません。一方で銃器使用による重大犯罪が多発しているアメリカでは自ずと銃に対する意識も日本とは全く異なっているのです。日本では制定されて未だ60年しか経っていない平和憲法の下,銃器の所持は厳しく禁止され,狩猟等一定の場合に所持・使用の免許が付与されているだけです。

 

  さてタイトルにあるスナイパーとは狙撃手のこと。人質を獲った立てこもり犯に対して,SWATのメンバーが高いビルから犯人をピンポイントで狙撃するというシーンはお馴染みです。しかし,スナイパーが歴史上絶大な威力を発揮したのは,過去において経験した数多くの近代戦争においてでした。近くは多国籍軍のイラク侵攻において,古くはヴェトナム戦争において,スナイパーは何日も砂漠やジャングルに潜伏しては,高性能ライフルのトリガーひとつで数多くの敵兵をスナイプしました。アメリカでは,スナイプによって敵軍兵士により友軍兵士が殺されることに歯止めを架け未然に防いだという意味において,スナイパーは戦闘時の殺し屋と呼ばれるに拘わらず,絶大に英雄視されているのです。ことにそのスナイプした数においてナンバーワンは誰かということが,現在も公式記録として残されているのです。

 

  本作品はヴェトナム戦争における伝説のスナイパー,ボブ・リー・スワガーのシリーズ第6作目です。第1作目からは20年も時を経いてるため,スワガーも歳を重ね,既に60を超えた老体になりましたが,強靱な肉体を背景に伝説の神業は蘇ります。  

 

  物語は,超一流のスナイパーによるものと思われる4件の狙撃事件の発生からはじまる。被害者にはいずれもヴェトナム戦争に対する反戦運動歴があるという共通点があった。捜査の結果,ヴェトナム戦争においてナンバーワンスナイパーとして活躍した,今はアルコール障害性のうつ病を抱える老人カール・ヒッチコックが容疑者として浮上する。彼の身辺からは犯行を裏付ける決定的な痕跡が出てくるが,FBI捜査主任ニックは安易な捜査終結を宣言しない。直感的に事件に何らかの裏があることを嗅ぎつけた彼は,旧知のもと海兵隊名スナイパー,スワガーに調査依頼をする。調査の結果,スナイプに使用された銃には,いずれも現代科学の粋を駆使したハイテク・スコープが装着されていたことが判明する。500ヤード離れていても正確にスナイプできるスコープの構造はコンピューター制御によるものだった。  

 

  果たしてヒッチコックが真犯人なのか?4人の暗殺に隠された真相とは?
 映画にもなったスワガーシリーズの初作「極大射程」をも凌ぐ娯楽作であること,間違いなく請け合います。たぶん,本作品も映画化されるとは思いますが・・・。

 

  作者は,46年ミズーリ州カンザスシティ生まれ,68年ノースウェスタン大学卒業。71年ボルティモアサン新聞社入社。同紙在籍中の80年,「ザ・マスター・スナイパー」(邦題「魔弾」)で小説家デビュー。96年ワシントンポスト紙に移籍,映画批評担当部門のチーフを務め,現在も小説家として活躍(了)。

過去のコラム

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ