弁護士中山の「私の一冊」

スコットランドゴルフ紀行(5) (2010.12.06)

番外編

 

  拝啓 どうせ誰も読んじゃあいないんでしょうけれど,オススメの一冊を読みたくてアクセスしていただいている読者の皆様,スミマセン。今回もゴルフ紀行です。ゴルフに興味のない方は,どうかへたくそな風景写真やバカな中年男の顔でも見て笑ってやってください。敬具

  7月7日(月)5日目,七夕の朝,いつもの朝,いつもの時間(5時頃)に起きた同室ふたり組は午前6時過ぎ,朝食前のドライブに出発です。ていうか,近隣の地理を知るために車であたりを適当に走りに行ったのです。ホテルの前には二つのゴルフコースがあるのですが,近くにもう一つホテルとともにコースがありました。踏切を越えて幹線道路沿いに行けば,レストランやスーパー,お馴染みのコンビニがたくさんあります。B&Bやカーヌスティホテルにはオマケのアメニティグッズがなかったので,コンビニで歯磨きと髭剃りを買いました。ついでにビールの購入に再トライしましたが,ここカーヌスティもスコットランド,やはり販売拒否されました。ホテルに戻って朝食です。朝食はごく普通の日本のホテルでも見られるブュッフェスタイルのイングリッシュ・ブレックファーストでした。好きなものを好きなだけ,残さない程度にお皿に取ってゆっくりと楽しみました。

  カーヌスティはセント・アンドリュースの街を海沿いをそのまま北上して約60㎞のところに位置しています。今日プレイするチャンピオンシップコースは1840年(日本では,坂本龍馬はまだ4歳ですな)にオープンした歴史あるコースです。海からの強風,他のリンクスコースにはないバリー・バーンと呼ばれるクリーク(小川)がコース内のいたるところ横切って流れています。このため,全英オープン開催地9つのリンクスコースのうち最も難度の高いコースといわれています。一番近くは2007年の開催地とされていますが,なんといっても有名なのが1999年の「カーヌスティの悲劇」です。この年の大会で,ジャン・ヴァン・デ・ヴェルデ(フランス人)は,最終日2位に3打差をつけて最終18番428ヤードパー4を迎えます。もちろん,誰もが彼の勝利を確信していました。ところが,彼の放ったティーショットは右に大きく曲がり隣りのホールへ。第2打,それでも彼は隣のホールからグリーンを直接狙います。この2打目をミスショット,グリーン脇の観客席に飛び込み大きく跳ねて深いラフへ。深いラフからの難しい3打目は,よもやのバリー・バーン(クリーク)へ。そしてペナルティを付した5打目は無情にもバンカーへ。結局,6オン1パットの計7打のトリプルボギー。パーで上がった2位と同スコアとなり,勝負はプレーオフへ持ち込まれます。しかし,流れを変えることはできずプレーオフにも敗れ,まさかの大逆転負けを喫してしまったのでした。なんとも劇的ですな。

 

  さて脳天気な我々は10時10分スタートです。こんなエピソードのある難度の高い,かつ由緒あるコースを,中年へたくそ4人組は,どこ吹く風でスコアも気にせず,ミスショットをしても堂々と闊歩するのでした。今日のキャディは,青い目をした金髪の大学生みたいな好青年もいました。当地のゴルフもさすがに4ラウンド目ともなると慣れるものですが,最も難しいコースとの手応えというか,困惑がありました。難コースの私のスコアは,パーを4つ取ってアウト58イン48の106と,ワーストスコアでした。先のヴァン・デ・ヴェルデの悲劇の18番では,私も記念に彼を真似て(?)同じようにクリークとバンカーに入れて6オン,しかし,惜しくも2パットしてダブルパー8でした。

 

  ところで,和製英語とはよく言ったもので,日本のゴルフ場では,グリーンの芝目からパッテイングラインを読むときに,右利きの人を基準として,右に曲がるのをスライスライン,左がフックラインといいますよね。これって,こっちでは英語として通用しないのです。ここでは,キャディはフックの時には「Right edge」,スライスの時には「Left edge」を狙えと教えてくれるのです。さすがにシングル級のキャディさんのラインの読みは正確で感心しました。今日のプレーもスループレーで午後2時半には上がっていました。

 

  よっちゃんと私のチャンピオンコースでの後半のハーフの成績は,難コースに拘わらず,ともに40台後半と少し調子が出てきていました。それでちょっと気をよくして,隣接するBuddon Links Courseでの本日2ラウンド目のプレーを提案しました。ところが,じいさま方の椛ちゃんと作どんは「疲れた,寝る。」と乗ってきませんでした。そこで,とりあえずスタート室にアポなしで申込をしたところ,ふたりでのラウンドもOKでした。なので軽食をして,よっちゃんとふたり,キャディなしのセルフで本日2ラウンド目,当地では通算5ラウンドをプレイすることになりました。

苦労する椛ちゃん

  Buddon Links Courseは,その名の通り基本的にはあるがままの地形を活かしたリンクスコースで,まだ新しく1979年のオープンです(それでも30年経っているので日本ではそこそこのコースですね)。チャンピオンコースの海側(北海)寄りに隣接していますので,風強く景色もなかなかのものでした。ビギナーでもOKの18ホール,5420ヤード,パー66です。フィーはセルフでひとり30か40£だったと思います(当時のレートで6000円くらい?)。ふたりは,各自キャディバッグを積んだカートを引いて,のんびりとマイペースで楽しみました。途中,子どもと老人という組み合わせの,私たちよりもへたくそなパーティーに追いつきましたが,ここはさすがに本場,私たちをパスさせて先に行かせてくれました。期待のスコアは強風の中,パーを6つ取ってアウト45イン42の87とまずまずでした。私は,思うように英会話が出来ないことが凄いストレスで,大きな要因となっているのでしょう,ひとりワンキャディだと,どういうわけかショットごとにキャディに気を遣ってしまいます。この点,セルフはほっとした気分でとてもお気楽で,ゆったりとプレー出来ました。この日のふたりのラウンドは,すいすいで3時間くらいしかかからなかったと思います。思えば,私にとっては気を遣わずにプレー出来て,当地で一番楽しかったラウンドだったかも知れません。

じいさまふたり

  いつものようにシャワーで汗を流し,夕方7時前には夕食のテーブルに就いていました。この日の夕食は,朝,偵察した街へ繰り出そうかとの話しもあったのですが,結局,ホテルで済ませることになりました。メンバーのうちただ1人,作どんは美食家(?)で通っています。が,今回の旅行は,あくまでゴルフ旅行であって,グルメは封印というか,そもそもこの国で,それは余り期待できないことが前提となっていましたので,食事についての不満は特になく,それでいて何ということもありませんでした(要するに,この国に特有のこれといって美味しいものはなかったということです)。この日も,超冷たくて美味しいビールたくさんとフィッシュアンドチップス,ソーセージその他を食べましたが,このホテルのフィッシュは不評でした。でも,私は,タルタルソースをたくさん使って食べたのでどうということもありませんでした。食事中,椛ちゃんと作どんに,セルフで楽しかった2ラウンド目の自慢話を散々したことは言うまでもありません。

  部屋に戻って,窓下のチャンピオンコースの18番ホールを見れば,セルフで回っている人たちがプレイを終えて上がってきているところでした。この人たちは,平日のこの日の夕方,仕事を終えてから,ここにやってきてプレイしていたようでした。時間はもう午後10時になろうとしています。白夜,まだプレイできる程度に明るいんですよね。

  さすがに,このタイトなスケジュールの中で,1日2ラウンド36ホールを回った我ら同室ふたり組は,いびき大会をしながら良質かつ安らかな眠りに就くこととなりました。ゴルフ日程も残すところわずかとなってきました。明日は,移動して国際サミット会議の会場にもなった超高級なThe Gleneagles Hotelに滞在してのプレイです(つづく)。  

過去のコラム

(91)  死神って本当は天使だったの?
「知念実希人 優しい死神の飼い方 光文社文庫」 (2017.10.16)

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ