弁護士中山の「私の一冊」

ありえないサイコな先生 (2010.9.06)

貴志祐介 「悪の教典」 文藝春秋

 

  昨年まで10数年来,母校の法学部で非常勤講師として教壇に立っていました。テーマは「法曹(弁護士)の世界」で,2コマ担当して,弁護士としての日常業務から,身近な「相続と遺言」について講義していました。2単位でしたが,試験の出題採点もしました。受講生は主として1,2年生が対象で300名以上いました。その受講生が私のことを覚えているはずもないでしょうが,延べ5000名以上の学生を教えたことにはなります。いつの世も,学生は居眠りやお喋りしたりしますが,中には熱心に聴講する者(女学生が多い)もいて,前列に陣取り,しっかりノートまでとっています。講義が終わると,いつも彼女らのうち5,6名が質問をするために教室に残ります。もちろん1人ずつ丁寧に受け答えさせて頂きます。  

そんなある日のこと,最後まで残っていたある女学生との会話の一幕です。

A子「先生,本学出身の○○△美という人を知っていますか?」

私 「ええと,私の1年後輩にそんな子がいたと思うけど」(ええっ,△美ってひょっとして,学生時代私が付き合っていた子じゃん。何これ?)

A子「それって私の母親なんですけど,母が先生のこと知っているから聞いてみたらって言ったので・・・」

私 「・・・」(一瞬,△美が何歳でA子を生んだのかを計算,卒業してすぐ生んでるじゃん,そうか4年の時,結婚したって風の便りに聞いてたよなあ

「あっ,そうか,知ってるよ,もちろん。へええ,そーなんだ,お母さんだったんだ,でもお母さん,君を生んだとき,まだとても若かったんだね,君が子どもなんだもんね・・・。ところでお父さんは?」

A子「父はいません」

私 「・・・」(なんでよ,なんでいないの,まさか違うよね計算合わないし・・・)

A子「両親は,私が生まれてすぐに離婚したらしいです」

私(なーあんだ,そうか,そうだよね,あたりまえ,よかった。)
「それは,それは失礼なことを聞いてしまってスミマセンでした,ところでお母さんは今何をしているの?」

A子「母は今,司法書士をしています・・・」

私 「そう,それは良かったね。もう20年以上も会ってないもんねえ,今度連絡でもしてくれるように言っておいてくれるかなあ」

A「はい」

  どうです? ちょっとオモシロイでしょ。それにしても月日が経つのはなんと早いことか!

  さて今回紹介する作品は,高校が舞台です。サイコな極悪の主人公は英語教師蓮実聖司,通称ハスミン。開業医を父に持ち,抜群の知能を持って生まれた聖司は,先天的な障害から,共感能力,コミニュケーション能力が欠如していた。要するに感情が欠落しているのである。感情ある本当の笑顔もなく,感情による涙も流さないのである。例えば聖司が赤ん坊の頃のこと。ふつう,親が笑顔を見せると,赤ん坊は笑顔をまねるものである。だが,聖司は,そういう反応は一度として示すことはなかった。ただ,じっと,興味深そうに親の顔を見ているだけなのである。4歳になった頃,砂場に不心得者が割ったガラス瓶の欠片が埋まっていて,聖司が手を切りそうになったことがあった。だが聖司は,自分の手が大丈夫か確かめただけでその破片を取り除こうとはしなかった。・・・次に聖司の友達が不用意に砂に手を突っ込み,ざっくりと指の付け根を切ってしまった。聖司は犠牲になった子どもが砂に手を突っ込もうとしていたとき,注意するわけでもなく,ただ興味津々という顔でそちらを凝視していた,という具合である。聖司は成長するに連れ,自らの異常さに気づくことになる。そしてこれを克服するために,日常的に他人を踏み台にして正常さを装う術を徐々に身につけていくのである。幼少の頃から,自らの強い意思を貫くためには,手段を選ばず目的を達成する。それがたとえ違法行為であろうとも。自分にとって,命より大切なもの・・・「自由を奪われること」を避けるためには,自らのすべての異常行動(犯罪)を完全犯罪化してしまおうとすらするのである。中学生の聖司は,両親を不慮の犯罪(?)で失い,親戚のもとで育つことに。順調に成長し,京大に入学したものの,得るものを感じず,1ヶ月で中退した聖司は,単身アメリカに渡りアイビーリーグの有名校を卒業,MBAを取得して有力証券会社に就職する。そこで,手腕を発揮する聖司は,経営陣の悪事を知り,これをネタに恐喝を企てるが,その動きを察知した経営陣から逆襲され,アメリカを追放されてしまう。帰国した聖司は失意の中,気まぐれで引き受けた高校講師の体験から,教職が自らの天職であることを確信する。こうして,高校教師となった聖司の楽しい学園生活がはじまる。学園生活に欠かせない学生たちの悪巧みの数々,一方でこんな先生だけは大嫌いという典型のような先生のオンパレード。そんな中で聖司は,善良で有能な好青年教師を演じてみせる。もちろん,陰では,対象が邪魔者と判断されれば,ただちに知略を巡らせ排除行動に出る。なんの躊躇いもなく繰り返される排除行動。やがて,それにも限界がやって来た時,聖司が取らざる得なかった行動とは何か?

  聖司は,「三文オペラ」の「モリタート(殺人物語大道歌,殺人鬼を意味する)」を愛し,その主人公である殺人鬼に自らを重ね,お気に入りのメロディとして,日頃から思わずハミングしており,このことが最終的に命取りになる。

  さあ,狂喜の殺戮がはじまります。上下巻で約870頁,読むにあたり,その分量に抵抗を感じましたが,読みはじめれば3日間の読破でした。バトルロワイヤルのような,あり得ない内容の評価はともかく,十二分に楽しめました。

  作者は1959年大阪生まれ,京大卒。モダンホラー作家。生保会社に勤めながら執筆活動をはじめる。30歳から作家専念。96年「十三番目の人格ISOLA」で日本ホラー小説大賞長編賞佳作,97年「黒い家」で同賞大賞受賞,ベストセラーとなりいずれも映画化されている。08年「新世界より」で日本SF大賞受賞。これを書きながら,いま私は彼のほぼ全作品を読んでいたことに気づきました(了)。

過去のコラム

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ