弁護士中山の「私の一冊」

いつか,こうへい (2010.7.26)

つかこうへい 「蒲田行進曲」 角川文庫

 

  2010年7月10日,異端の劇作家つかこうへいさんが逝く。62歳,覚悟の肺癌死だったようです。この年1月1日には遺書を残していました。曰く,「思えば恥の多い人生でした。先に逝くものは,後に残る人を煩わせてはならないと思っています。私には信仰する宗教もありませんし・・・娘に日本と韓国の間,対馬海峡あたりで散骨してもらおうと思っています・・・」。私も斯くありたいと思います。ゆかりの多くの人たちは,その早過ぎる死を悼みました。彼は,在日韓国人の2世として福岡県の筑豊地方に生まれ,それなりの差別を受けて育ちました。彼の作風の根底には,この差別感情が根ざしていたのではないかと指摘する人もいます。慶大時代にアングラ劇に熱中しすぎて中退。74年,25歳にして「熱海殺人事件」で岸田国士戯曲賞を,当時,最年少で受賞。自ら劇団を作り,登り詰め,そのまんま最後まで走り続けてきました。彼の作品で共通するのは,劇作家ですから,もともと舞台で演じることを前提として書かれているということです。ですから小説も台詞中心で構成されます。これがなんと奇想天外な台詞の数々です。繰り出される台詞は,「えっ,こんなのあり得ない」とまでに,アップテンポで,ギャグ的で,過激で,シニカルです。「デブ」「ブス」「ハゲ」はもちろん極めつけは,「おまえら貧乏人のくせしやがって生意気だぞ」などの差別的な台詞もお構いなしです。そしていつのまにか観るもの,読むものに情を感じさせ,引き込んでいくのです。もちろん,本作品「蒲田行進曲」でも,それは遺憾なく発揮されています。ちなみに「蒲田行進曲」とは,「♪虹の都♪光の港♪キネマの天地・・・♪」でおなじみの映画会社松竹キネマ蒲田撮影所の所歌のことです。本ストーリーは,実話をもとに彼なりに大きく脚色して,舞台脚本に仕上げました。80年,「劇団つかこうへい事務所」により紀伊国屋ホールにて初演,好評でした。翌年,小説化,1頁2段でわずか110頁です。小説が82年直木賞を受賞するとともに映画化。前評判は良くなかったといいますが,これに反して,当時の日本アカデミー賞をはじめ,映画各賞を総なめにしました。私も大学生のとき,小説のことは知らずに映画から観ました。おもしろくて何度も腹を抱えて笑い,切なくて涙しました。ビデオを借りてダビングして10回以上は観ました。変な主役の風間杜夫の銀ちゃんと,脇を固める平田満のヤスのコンビが絶妙ではまりきっていて,この役はこの人たちしかいないと思い込んだものでした。二人はこの映画でブレイクしたのです。こうして彼の潜在的なファンになっていた私は,新刊が出るたびに買っており,さらに,数年前,「つかこうへい傑作選一~七」(メディアファクトリー)を全巻購入して一気に読みました。

  さて,作品紹介です。物語の舞台は,京都東映撮影所です。時代劇映画「新撰組」で主演土方歳三を演じることとなった銀ちゃんこと倉岡銀四郎。初めての主役だ。そして人情厚い銀ちゃんを,誰よりも慕う大部屋俳優ヤス。この映画でも大部屋として斬られ役をやることに。常日頃,銀ちゃんから殴る蹴るの暴行を受けて,そのストレスのはけ口となり,銀ちゃんのためなら人殺しでもしかねないヤス。大部屋の仕事は,単なる通行人から斬られ役,殴られ役,スタントなしの体当たり役。2階の屋根から滑り落ちて5000円,谷に転がり落ちて1万円,燃えてる車から火だるまになって転がり出て3万円てな具合だ。そんなヤスは,映画で銀ちゃんの脇を固めるときは,銀ちゃんにふりではなく思いっきり殴られたり,チャンバラでは,竹光ではなく真剣を使ってもらったりと銀ちゃんの演技のためなら何でもする。

  ところで,「新撰組」といえば「池田屋」の「階段落ち」だ。土方から斬られ,心半ばにして死んでいく勤王の志士として,高さ10m以上の巨大な階段から「ギャーッ」という叫びとともに,血しぶきを上げ,ゴムまりのように転げ落ちて行くシーンだ。5年前の「新撰組血風録」の「階段落ち」ではこの役をやった人がまだ半身不随で入院しているという危険な役。警察からストップがかかり,会社はこのシーンを中止するという。このことを知り,自分の華がなくなったと嘆き,周囲にあたる銀ちゃん。ところが,ヤスは大好きな銀ちゃんのために,命を賭けてこの役を引き受けることに。

  銀ちゃんの子を妊娠した往年の人気女優小夏。銀ちゃんはスキャンダルを隠すため,ある日,ヤスのぼろアパートに嫌がる小夏を連れて訪れ,小夏とヤスを結婚させて,ヤスに子の親を引き受けさせようともくろむ。だが,実は銀ちゃんには若くて可愛い新しい恋人朋子が出来たことが,この押しつけ結婚の真相だった。このことを知ってか知らずか,快く引き受けるヤス。ヤスは,小夏との新しい生活のために危険な仕事を増やし,稼ぎ,毎日のように新しい家具を増やしていく。ヤスはヤスで小夏のデビュー当時からの大ファンだったのだ。ヤスのことを毛嫌いしていた小夏も次第にヤスの気持ちに打たれ,これに応えようとするが・・・。ついにヤスは人吉の実家に小夏を連れて凱旋。本当に結婚することに。一方,朋子と別れ,小夏との逆転結婚を企てる銀ちゃん。他方,映画撮りは次第にクライマックスへ。迫り来る「階段落ち」収録の日。折しも当日,小夏が産気づいてしまう。ヤスの命は如何に・・・。

  笑いあり,涙ありのいつものつか作品です。映画を観ておられない方には,まずは原作を楽しんで頂いた上で,映画を観て頂ければ幸いです。本当に原作がそのまま映画になったという感想です。

  冒頭の「いつか,こうへい(公平)」は,差別のない社会に向けて,その文字どおりの意味を込めて付けられたのだと言われています。

  なお,宝塚歌劇団雪組娘役トップの愛原実花さんは,つかさんの愛娘さんです。この9月に引退することが発表されましたが,つかさんの病気とは無関係だと言われており,父の死の報に接しても舞台は気丈に務めました(了)。

過去のコラム

(91)  死神って本当は天使だったの?
「知念実希人 優しい死神の飼い方 光文社文庫」 (2017.10.16)

(90)  メンタルなことで仕事が行き詰っていませんか
「北川恵海 ちょっと今から仕事やめてくる メディアワークス文庫」 (2017.9.11)

(89)  池井戸ファンにおススメの一冊です。
「池井戸潤 アキラとあきら 徳間文庫」 (2017.8.22)

(88)  生まれ変わりを信じますか。
「佐藤正午さんの 月の満ち欠け 岩波書店」 (2017.7.12)

(87)  アル・カポネ,ジョン・デリンジャーといえば?
「スティーヴン・ハンター Gマン 宿命の銃弾(上・下) 扶桑社ミステリー」 (2017.6.20)

(86)  もしも過去の事実を改変できるとしたら
「梶尾真治 クロノス・ジョウンターの伝説 徳間文庫」 (2017.5.16)

(85)  もしも人間の知能を人工的に高めることができるとしたら
「ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を ハヤカワ文庫」 (2017.4.11)

(84)  NHKさん、シュンスケを大河ドラマの主役にしてください
「門井慶喜 シュンスケ 角川文庫」 (2017.3.30)

(83)  純な気持ちでお読みください。
「住野よる 君の膵臓を食べたい 双葉社」 (2017.1.20)

(番外編)  司法修習生はどんな本を読んでいるのか
「伊坂幸太郎 サブマリン 講談社」 (2016.12.16)

(82)  ピカソのキュビズムって何?
「原田マハ 暗幕のゲルニカ 新潮社」 (2016.11.21)

(81)  家康は僻地江戸をどのように建設したのでしょうか
「門井慶喜(かどい よしのぶ) 家康、江戸を建てる 祥伝社」 (2016.10.13)

(80)  ランニングシューズ業界を覗いてみましょう
「池井戸潤 陸王 集英社」 (2016.9.9)

(79)  ピアノの調律師って?
「宮下奈都 羊と鋼の森 文藝春秋」 (2016.6.17)

(78)  人はなぜ山に登るのか
「夢枕獏 神々の山嶺(いただき) 上下巻、集英社文庫」 (2016.5.31)

(77)  ガラ携って何?
「相場英雄 ガラパゴス上・下巻 小学館」 (2016.4.11)

(76)  尖閣問題について考えてみましょう。
「青木俊 尖閣ゲーム 幻冬舎」 (2016.3.25)

(75)  宗教にはまったことはありますか。
「中村文則 教団X 集英社」 (2016.3.11)

(74)  中国にもつい100年前まで皇帝がいました。
「浅田次郎 蒼穹の昴 講談社」 (2016.1.26)

(73)  「仁義なき戦い」の菅原文太はかっこよかった。
「柚月裕子 孤狼の血 角川書店」 (2015.12.3)

(72)  どうして山に登るのか
「下村敦史 生還者 講談社」 (2015.12.3)

(71)  お互い愛情もない夫婦、そんな中、相手を突然亡くしたら・・・
「西川美和 永い言い訳 文芸春秋」 (2015.11.9)

(70)  復讐とは虚しいものですね
「ピエール・ルメートル その女アレックス 文春文庫」 (2015.10.29)

(69)  人魚姫ならぬ金魚姫はいかがですか
「萩原浩(おぎわら ひろし) 金魚姫 角川書店」 (2015.10.15)

(68)  突然、あなたの秘密が本で暴かれたら?
「ルネ・ナイト 夏の沈黙 東京創元社」 (2015.8.17)

(67)  ダビィンチには謎がいっぱい
「真保裕一 レオナルドの扉 角川書店」 (2015.8.10)

(66)  戦後の台湾をもっと知ってみたい
「東山彰良 流(りゅう) 講談社」 (2015.8.4)

(65)  産業スパイって本当にいるんですよね。
「吉田修一 森は知っている 幻冬舎」 (2015.6.3)

(64)  ライオンさん、一度でも帰国していれば・・・
「さだまさし 風に立つライオン 幻冬舎文庫」 (2015.4.15)

(63)  それでも3億円が当たってみたい。
「川村元気 億男 マガジンハウス」 (2015.4.7)

(62)  神の子は知能が優れているのでしょうか。
「薬丸岳 神の子 上・下巻 光文社」 (2015.3.25)

(61)  米軍史上最強の狙撃手の自伝です
「クリス・カイル アメリカン・スナイパー ハヤカワ文庫」 (2015.3.10)

(60)  戦隊ヒーローに憧れませんでしたか
「阿部和重・伊坂幸太郎合作 キャプテン・サンダーボルト 文藝春秋」 (2015.3.3)

(59)  裁判員裁判について勉強しよう。
「法坂一広 最終陳述 宝島社」 (2015.2.17)

(58)  死を目前にした男の生きざまとは
「殉愛 百田尚樹 幻冬舎」 (2014.11.27)

(57)  裁判官って普通の人と違うんですか
「黒木亮 法服の王国・小説裁判官(上)(下) 産経新聞出版」 (2014.10.29)

(56) 植物状態から生還したらどうなる?
「真保裕一 奇跡の人 新潮社文庫」 (2013.12.25)

(55) 時をかける手紙
「東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟 角川書店」 (2013.12.11)

(54) 人類の世紀末を想像できますか
「極北 マーセル・セロー  中央公論新社」 (2013.12.2)

(53) パンデミックをご存じですか?
「生存者ゼロ 安生正 宝島社」 (2013.11.21)

(52) 海外で亡くなった人はどのようにして帰国するのでしょうか
「エンジェルフライト 国際霊柩送還士 佐々涼子 集英社」 (2013.11.13)

(51) 倍返しと土下座で著名な半沢直樹の続編です。
「ロスジェネの逆襲 池井戸潤 ダイヤモンド社」 (2013.11.1)

Column41-50
Column31-40
Column21-30
Column11-20
Column1-10
番外編
スコットランドゴルフ紀行

HOME › 弁護士中山の「私の一冊」

» 事務所紹介    » 業務内容    » 弁護士紹介    » 各種料金    » お問い合わせ